トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 農林部 > 農林部の地域機関 > 秩父農林振興センター > 地域の話題 > 【令和3年1月28日】寒ざらしそばの製作に取り組みました。

ページ番号:190503

掲載日:2021年2月1日

ここから本文です。

【令和3年1月28日】寒ざらしそばの製作に取り組みました。

 

秩父市荒川日野・上田野地区内を流れる荒川支流の持小屋沢から、1月18日(月曜日)に農事組合法人ちちぶあらかわが生産した秋そばを網袋に入れ、水温マイナス0.5度の沢水に漬け込んでおいた玄そばを、1月28日(木曜日)に引き上げ、寒にさらす作業が始まりました。

玄そばを冷たい流水に漬け寒風の中で乾燥(寒ざらし)させると、アクや渋みが抜けGABAやルチン、アミノ酸が通常よりも多くなり、そば粉のうまみ成分や甘味が増すおいしいそばになります。

荒川地内2件のそば店は寒ざらしそばのぼり旗を掲げて2月上旬から寒ざらしそばを提供する予定です。

(執筆者関口)

 引き上げる

 

玄そばを沢から引き上げる作業

寒にさらすa

玄そばを寒にさらす作業

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?