ページ番号:195719

掲載日:2021年4月1日

ここから本文です。

味覚センサ

【2021年4月】機器が新規導入されました。是非ご活用ください!

機器番号 532
機器分類 測定機器
メーカー名 株式会社インテリジェントセンサーテクノロジー
型番等 味認識装置 TS-5000Z
装置概要

本装置は、食品の味を認識し、数値化する装置です。

主な仕様

【項目】五味(酸味、塩味、苦味、旨味、渋味)、五味+甘味
 ※苦味、旨味、渋味は後味も測定。

 ※甘味は別測定。

 ※旨味は再測定が必要になる場合があります。

【検体】飲料や食品の抽出液。

 ※必要量:五味で100mL程度、五味+甘味で200mL程度。

 ※個体は200g程度を使用し、抽出する。

 ※抽出や脱脂など、必要な前処理を済ませた液体試料をお持ちください。

 ※被検試料のほか、対照試料をご用意ください。

 ※1度に最大10検体まで(対照試料を含む)。

【測定時間の目安】約40分/検体

【消耗品】甘味センサー:7,700円(3個:各1回使用可、保証期間1か月)

研修レベル

2

有料の操作研修の受講が必要です。詳しくは表下「操作研修概要」をご覧ください。
使用料(1時間当たり) 4,300円
装置写真

味覚センサ

操作研修概要

半日コースの研修受講が必要です。
研修費用:2,500円/1人
制限事項:受講人数は1社2名以内とします。
詳細は、下記担当までお問合せください。

問合せ先:048-521-0614(食品・バイオ技術担当(熊谷))

※本装置は北部研究所(熊谷)に設置してあります。電話:048-521-0614

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?