掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

自記分光光度計

機器番号 172
機器分類 分析機器
メーカー名 株式会社島津製作所
型番等 UV-3600
装置概要 紫外・可視領域における液体・固体試料の吸光度や吸収スペクトルを測定する装置。
φ150mm積分球付属装置 LISR-3100 が付属しています。
主な仕様 波長領域:185~3300nm
(積分球使用時は240~2400nm)
波長分解:0.1nm
波長正確さ:紫外可視…±0.2nm
近赤外…±0.8nm
測光方式:ダブルビーム測光方式
対象試料:液体・固体(紙、布、金属、ガラス、プラスチック、塗膜、光学素子、フィルム等)
研修レベル

1

研修を受講する必要はありません。簡単な説明を受ければ、利用できます
使用料(1時間当たり) 280円
装置写真 機器の写真

 

※本装置は北部研究所(熊谷)に設置してあります。電話:048-521-0614

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?