トップページ > 機器利用 > 機器一覧 > 分析機器 > 波長分散型蛍光X線分析装置(熊谷)

 

掲載日:2019年9月10日

ここから本文です。

波長分散型蛍光X線分析装置(熊谷)

機器番号 178
機器分類 分析機器
メーカー名 株式会社リガク
型番等 ZSX Primus2
装置概要
  • 金属材料、樹脂、粉末、液体試料中の元素の定性・定量分析
    ※発火性がある物、揮発性が高い物、低温で溶ける物、真空に引いた際に飛散してしまう物は
     装置故障の原因になるため分析することができません。
  • 簡単な前処理で非破壊分析が可能です。
    ※試料ホルダに入るサイズに切断・研磨を要する場合があります。
主な仕様
  • 上面照射型
  • 測定元素範囲 Be~U
研修レベル

2

有料の操作研修の受講が必要です。詳しくは表下「操作研修概要」をご覧ください。

使用料(1時間当たり) 1,720円
消耗品(1点当たり) 点滴濾紙(マイクロキャリー):60円
ウルトラキャリー:560円
粉末試料用フィルタ:540円
粉末試料用試料板:130円
粉体試料用塩ビリング:60円
微量粉末試料皿:200円
装置写真 波長分散型蛍光X線分析装置
操作研修概要

研修日程:10月24日(木曜日) (全日) 

募集人数:3人程度

受講料金:4,000円
問合せ先:048-521-9113(材料・機械技術担当(熊谷))

備考:研修は年4回を予定しています。

        お申し込みは研修日の3週間前までに行うようにしてください。

  • 本装置は、財団法人JKAの「公設工業試験研究所設備拡充補助事業」を利用し、導入した機器です。

※本装置は、北部研究所(熊谷)に設置してあります。 電話 048-521-0614
※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,460円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?