埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:224274

掲載日:2022年10月19日

令和4年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(細田善則議員)

笹目川の治水強化について - ボートコースの貯水機能の最大化を図るべき - 水門が整備された際に水位の上限を上げる整備を

Q   細田善則 議員(自民)

現在、笹目川からボートコースへの取入水門の工事に向けた測量などが行われていますが、新たな水門は可動式で、ボートコースへの流入が上限となったときに閉鎖する仕組みで検討されているそうです。
この水門を閉めるタイミング、いわゆるトリガーがどの水位になった段階になるかは、測量の結果を基に設定されるというふうに思いますけれども、許容できない被害というものが何か追加で工事をすることによって更に上げられることができないかというふうに考えます。
先ほどの事前放流と同様で、改修費用をかけてでもあと数センチ多くボートコースの貯水量を高められる可能性がないか、十分検討して水門の閉鎖の設定をすべきと考えますが、県土整備部長にお考えをお伺いいたします。

A 北田健夫 県土整備部長

新たに設置する水門については、現在整備に向けた調査・設計を実施しているところです。
この水門の運用については、笹目川が洪水の際に、ゲートを閉鎖する方向で検討を進めております。
詳細については、今後関係者と調整してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?