埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:206464

掲載日:2021年10月21日

令和3年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(横川雅也議員)

東京2020オリンピック・パラリンピック開催後のレガシーについて - 無観客開催により、大会会場での観戦が叶わなかった県民への代替え措置の実施について

Q   横川雅也 議員(自民)

新型コロナウイルス感染症の影響により、大会は無観客開催となりました。大会を生で観戦できるチャンスとあって、多くの国民、県民、学校の児童生徒も大会観戦を楽しみにしていたことと思います。会場で観戦できたのは、射撃を観戦した新座市の小学校1校と伺いました。感染拡大防止の観点からはやむを得ない状況でしたが、できることなら会場で観戦したかったとの声も多くお聞きしました。
しかし、大会が終わっても本県の四つの大会会場はなくなるわけではありません。大会期間中にはかなわなかった国内外の選手との触れ合いや会場での観戦ですが、新型コロナウイルス感染症の収束の後に、多くの子供たちや県民に向けて大会会場での試合観戦や競技体験などを行う機会を提供するなど、埼玉県として可能な代替措置を実施すべきと考えております。また、そうした機会の提供こそがレガシーにつながると考えます。
代替措置の実施について、大野知事のお考えをお聞かせください。

A   大野元裕   知事

大会会場で試合観戦や競技体験を行う機会を提供するなど、代替え措置を実施するべきではないか、についてでございます。
東京2020大会は、県内4会場で5競技が行われたにもかかわらず、コロナ禍で県民の方々が観戦かなわなかったことは、ホスト県の知事として大変残念でございます。
2020大会の完全な意義を代替するかどうかはこれからの努力次第だと思いますが、議員御提案の、大会会場での試合観戦や
競技体験の提供は大変有意義であると考えます。
現在、浦和レッズの御協力をいただき、埼玉スタジアム2002で開催されるJリーグの試合に、県が小学生と保護者を招待し観戦いただくことを計画をしております。
大会が開催された競技場の雰囲気やプレーを味わっていただくことができる絶好の機会だと考えています。
また、県内には東京2020大会で活躍した選手が所属する埼玉西武ライオンズや浦和レッズ、卓球のT.T彩たま、バスケットボールの越谷アルファーズ、などのプロチームがあります。
これらのチームに対しても、オリンピック・パラリンピックを機会としたスポーツ振興の機運を一層盛り上げていただくための協力を呼び掛け、競技の体験会を実施し、アスリートの迫力あるプレーを間近で感じていただく機会を設けてまいります。
また、さいたまスーパーアリーナでは、バスケットボール競技大会開催を記憶にとどめるため、日本代表選手のユニフォームや大会で使用されたボールなどを展示するメモリアルスペースを設置いたします。
さらに、銀メダルに輝いた女子日本代表選手のサインがロッカー室に残されておりますことから、メモリアルスペースと合わせて、
見学会の開催を企画しているところでございます。
議員お話しのとおり、貴重な施設や人材を生かして様々な機会を県民に提供し、東京2020大会の「レガシー」を今後のスポーツ振興などにつなげていけるよう企画してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?