Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年1月19日

新河岸川産業廃棄物処理対策

新河岸川河川敷に不法投棄された産業廃棄物について

昭和62年新河岸川河川改修工事のため買収した土地(朝霞市上内間木地内)に、不法投棄された産業廃棄物が埋設されていることが判明しました。調査の結果、埋設されている廃棄物にはPCBをはじめトリクロロエチレンなどの揮発性の有機溶剤、重金属等の有害物質が含まれていることが確認されました。このため、平成2年に周辺環境に影響を及ぼすことのないよう産業廃棄物の埋設場所を鉛直遮水壁で取り囲むとともに遮水シートで覆う措置をしました。また、平成8年から掘削時の安全確保及び埋設物中の揮発性の有機溶剤の除去を目的として、現場で土壌ガス吸引法による作業を継続して実施しています。県ではこの新河岸川に不法投棄された産業廃棄物問題の解決に向けて、専門家等の意見を聞きながら処理対策の技術的な検討を行っています。

お問い合わせ

県土整備部 朝霞県土整備事務所 河川担当

郵便番号351-0033 埼玉県朝霞市浜崎678番地

ファックス:048-471-4666

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?