ページ番号:184335

掲載日:2020年11月25日

ここから本文です。

いちご

いちごの生育途中のようす いちごが直売所に並ぶようす

 比企地域は昭和30年頃からいちごの生産が盛んに行われ、現在も100軒を超えるいちご農家があります。
 各農園や農産物直売所では、産地ならではの、完熟した採れたてのいちごを味わうことができます。
 12月頃から翌年5月頃までいちごを味わうことができるので、是非、比企地域に足を運んでいただき、美味しいいちごをご賞味ください。 

QA

食べられる品種、場所

とちおとめ、やよいひめ、紅ほっぺの他、埼玉県で育成した品種のあまりん、かおりんが栽培されています。
観光いちご園や農産物直売所により異なりますので、お問合せください。

あまりん、かおりんの紹介、県内農園マップ

美味しいいちごの見極め方

品種により食べ頃のいちごは異なります。
 例えば、
とちおとめの場合は、果実全体が赤く色づき光沢のあるいちごが最もおいしく、やよいひめの場合は少しオレンジがかった色合いのいちごが最もおいしいいちごです。

  

お問い合わせ

農林部 東松山農林振興センター 

ファックス:0493-22-1599

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?