Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年4月1日

アルコール依存症

アルコール依存症とは

  • 誰でもかかる可能性がある
  • コントロールを失う
  • 慢性・進行性・致死性がある
  • 家族や周囲の人を巻き込んでいく
  • 治癒はしないが回復できる

アルコール依存症になると「飲んではいけないときでも、飲んではいけない場所でも、飲んではいけない状況でも、飲んではいけないと分かっていても飲んでしまう」ため、心身の健康問題をはじめ、家族や仕事にも問題が出てきたりします。

アルコール依存症の人は意志が弱いのではなく、何かのきっかけで急激に欲求が強くなり飲まずにいられなくなります。また、最近は依存症も糖尿病や高血圧等と同じ「生活習慣病」だと言われています。飲酒を続ける生活習慣が問題となるからです。

アルコール依存症の治療 

依存症治療では、3本柱が大切であると言われています。

  1. 通院治療をすること
  2. 抗酒剤の服用
  3. 自助グループへの参加

依存症からの回復には自分一人の力では難しく、専門的な治療を受けることや仲間を得ていくことが重要です。

その他、専門医療機関での入院治療やリハビリテーション施設があります。

家族にできること

アルコール依存症は、家族を巻き込む病気です。

依存問題を認識せず、治療を拒否しているご本人を目の前にして、ご家族は「何をしても無駄だろう」と悲観的になっていらっしゃるかもしれません。依存症者の回復のためにご家族ができることは3つあると言われています。

 

  1. 依存症という障害について学ぶこと
  2. 依存症者本人に対する適切な対応方法を身につけること
  3. 家族自身が元気を取り戻すこと

 

埼玉県立精神保健福祉センターでは、アルコール依存症家族教室を開催しています。

家族教室を活用して、依存症に取り組んでいる専門家・家族・本人の話を聞き、質問する機会を得てみませんか。

 

相談先

埼玉県立精神保健福祉センター

埼玉県立精神保健福祉センターの精神保健福祉部では、ご本人やご家族からのアルコール依存症に関する来所相談をお受けしています。

保健所

埼玉県立精神医療センター

埼玉県立精神医療センターでは、アルコール依存に関する外来・入院治療を実施しています。

依存症ご本人のための自助グループ

ご家族のための自助グループ

リハビリテーション施設

 

お問い合わせ

福祉部 精神保健福祉センター 相談・自殺対策担当

郵便番号362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室818-2

電話:048-723-3333

ファックス:048-723-1550

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?