トップページ > 健康・福祉 > 健康 > 熱中症予防対策 > 速やかに命を守る行動をとりましょう

ページ番号:219808

掲載日:2022年7月20日

ここから本文です。

熱中症が疑われる場合の対応~速やかに命を守る行動をとりましょう~

熱中症かもしれないと思った時には、以下のように対応しましょう。

重症度Ⅰ度(軽症)

症状

めまい、立ちくらみがある

脈が速く、弱くなる

筋肉のこむら返りがある(痛い)

汗が拭いても拭いてもでてくる

対応 現場で対応し経過観察

涼しい場所へ避難して服をゆるめ体を冷やし、水分・塩分を補給しましょう。誰かがついて見守り、良くならなければ病院へ。

重症度Ⅱ度(中等症)

症状

頭ががんがんする(頭痛)

吐き気がする、吐く

体がだるい(倦怠感・虚脱感)

集中力や判断力の低下

対応 医療機関を受診

速やかに医療機関を受診しましょう。

重症度Ⅲ度(重症)

症状

体温が高い

意識がない

呼びかけに対し返事がおかしい

からだがひきつる(けいれん)

まっすぐ歩けない・走れない

対応 救急車を要請

救急車を呼び、到着までの間、積極的に冷却しましょう。(太い血管がある脇の下、両側の首筋、足の付け根など)

判断に迷ったら

救急車を呼ぶべきか、病院に行くべきか迷ったら、埼玉県救急電話相談(♯7119)

お問い合わせ

保健医療部 健康長寿課 健康増進・食育担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?