Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 障害者の自立 > かたい意思と努力の人

ここから本文です。

 

掲載日:2017年2月10日

かたい意思と努力の人

ある晩のこと、いつものようにある武士の奥方の腰や肩をもんであげ、お金をいただくかわりに、本を読んでもらっていました。

蚊帳の中で読む奥方は、彼が蚊帳の外で両手をひもで縛り、じっと聞いているのに気づきました。

奥方がどうしたのかと尋ねると「蚊に気をとられると、せっかく読んでいただいた本の内容を聞き忘れてしまうからです。」と答えたのです。

それに感心した奥方は、ご褒美に「栄華物語」を買って与え、保己一はそれを生涯大事にしたそうです。

お問い合わせ

福祉部 障害者福祉推進課 社会参加推進・芸術文化担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-3309

ファックス:048-830-4789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?