ページ番号:19950

掲載日:2021年3月12日

ここから本文です。

渋沢栄一にとっての塙保己一

しぶさわえいいち

塙保己一から遅れて94年後に、渋沢栄一が現在の埼玉県深谷市に生まれています。
「日本近代資本主義の父」と呼ばれ、第一国立銀行をはじめ、鉄道、製紙、造船など500社にものぼる企業の設立・育成に関わりました。
また、福祉や教育などの社会事業にも熱心に取り組み、社会福祉事業の先駆者でもありました。

渋沢栄一は、郷土の偉人である塙保己一の特長として、次の6点をあげています。

  1. 強固な意志を持っていたこと
  2. 何事にも活動的であったこと
  3. 清廉潔白で無欲であったこと
  4. 心が広く、人の意見によく耳をかたむけたこと
  5. とっさの場合に機転がきくユーモアと心の余裕があったこと
  6. 信じられないほどの記憶力の持ち主であったこと

お問い合わせ

福祉部 障害者福祉推進課 社会参加推進・芸術文化担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?