トップページ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 障害者の自立 > 塙 保己一(はなわ ほきいち) 賞

ページ番号:16193

掲載日:2021年1月21日

ここから本文です。

塙 保己一(はなわ ほきいち) 賞

塙保己一肖像画
(写真提供/本庄市教育委員会)
埼玉県には、幼くして失明したにもかかわらず、学問の世界に果敢に挑戦し、文化史上未曾有の文献集「群書類従(ぐんしょるいじゅう)」を編集・出版した江戸時代後期に活躍した学者がいます。世界的な偉人として讃えられるヘレン・ケラーも人生の目標とした本庄市出身の塙 保己一(はなわ ほきいち)です。
埼玉県では、平成19年度から塙保己一の精神を受け継ぎ、障害がありながらも社会的に顕著な活躍をしている方、障害のある方のために貢献をしている方・団体に「塙保己一賞」を贈呈しています。
障害のある子供たちが「塙保己一」という先人のみならず、同じ障害のある方々の活躍を通じて、自分の将来の夢や希望を描くことができるチャンスにあふれる共生社会づくりを推進します。

お問い合わせ

福祉部 障害者福祉推進課 社会参加推進・芸術文化担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?