ページ番号:5698

掲載日:2018年8月14日

ここから本文です。

埼玉ゆかりの偉人/検索結果(詳細)/大西 民子

検索結果(詳細)

偉人氏名

大西 民子

氏名よみがな

おおにし たみこ

偉人氏名(別名)

菅野 民子

別名よみがな

かんの たみこ

主な功績

歌人・「風水」「風の曼陀羅」ほか

分野

文学

ゆかりの市町村名

さいたま市

出生地

岩手県

主な居住地

さいたま市

生年(西暦)から 没年(西暦)

1924から1994

生年(和暦)から 没年(和暦)

大正13年から平成6年

功績

歌人。奈良女高師文科卒業後、岩手県立釜石高等女学校(現釜石南高校)の教諭となる。昭和24年2月大宮市(現さいたま市)に移り住む。歌歴では、昭和24年10月から木俣修に師事。昭和28年短歌誌「形成」創刊に参加、終刊まで活躍する。終刊後「波濤」を創刊。
日常の生活を題材に歌を詠み続け、歌人として全国的に著名である。現代歌人協会理事、埼玉県歌人会副会長などを歴任し、朝日新聞埼玉版、埼玉新聞の歌壇や短歌雑誌の選者として活躍した。
昭和47年『風水』で迢空賞(第16回)、平成4年短歌の業績が認められ紫綬褒章受章。同年『風の曼陀羅』で第7回詩歌文学館賞受賞。

関連ホームページ

---

著書・作品(出版社・収蔵館)

歌集『まぼろしの椅子』、『不文の掟』、『無数の耳』、『花溢れゐき』、『雲の地図』、『野分の章』、『大西民子全歌集』、『印度の果実』、『風水』、『風の曼陀羅』、『光たばねて』、選集『石の船』、『海の記憶』、『大西民子集』

参考文献(著者・出版社)

『回想の大西民子』(北沢郁子著・砂子屋書房)、『評伝大西民子』(有本倶子著・短歌新聞社)、『大西民子の歌』(沢口扶美著・雁書館)、『青みさす雪のあけぼの』(原山喜亥編・さきたま出版)

ゆかりの場所・名称

さいたま市立大宮図書館

ゆかりの場所・住所

さいたま市大宮区高鼻町2-1-1

ゆかりの場所・説明

さいたま市が著作権継承者となっている。

ゆかりの場所ホームページ

---

お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?