Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 農林部 > 農林部の地域機関 > 秩父農林振興センター > 地域の話題 > 【令和元年11月16日】守屋義雄さん、有限会社モリシゲ物産さんが「埼玉農業大賞」地域貢献部門優秀賞を受賞

ここから本文です。

 

掲載日:2019年11月16日

【令和元年11月16日】守屋義雄さん、有限会社モリシゲ物産さんが「埼玉農業大賞」地域貢献部門優秀賞を受賞

   11月16日(土曜日)、17日(日曜日)に草加市のまつばら綾瀬川公園で開催された「2019彩の国食と農林業ドリームフェスタ」のオープニングセレモニーにおいて、令和元年度埼玉農業大賞の表彰式が開催されました。

   埼玉県では、革新的な農業経営や、新規性、独創性のある技術を持ち今後大きく飛躍が見込まれる農業者、または地域農業の振興や活性化に優れた功績を上げた農業者を表彰しています。

   秩父からは、地域貢献部門の優秀賞として、小鹿野町の守屋義雄さんと秩父市に農場のある有限会社モリシゲ物産さんが受賞されました。

   守屋さんは、小鹿野町明日の農業担い手育成塾の指導者として、就農希望者受入れの際の空きハウスや空き農地、住居等の確保、研修生のハウスを毎日巡回するなど技術指導に当たられています。これまでに6人を指導し、全員を就農に導くとともに就農後も親身に相談に乗り継続した支援を行っています。また、御自身の経営を法人化し、新規就農者の見本となる経営を行っています。

   有限会社モリシゲ物産さんは、東日本大震災により営農が困難となった福島県から秩父市に生産拠点を移し、地域農業の主な担い手としてえごまや大麦を栽培されています。えごま栽培の機械化一貫体系を確立し、規模拡大を図りながら遊休農地を解消するとともに、地元の雇用を創出しています。また、搾油加工場を整備し、えごま油をはじめとした多くの商品を開発・生産・販売されています。

 

埼玉農業大賞の詳細は   http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/1028-04.html

  

                 守屋義雄さん・久良子さん                                  有限会社モリシゲ物産の上葛正人社長

※両写真とも写真左は埼玉県知事の大野元裕、右は埼玉県農業協同組合中央会会長の若林龍司氏

   お二方の受賞を心よりお慶び申し上げますとともに、今後とも秩父の農業発展のために御協力をよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

農林部 秩父農林振興センター 技術普及担当

郵便番号368-0034 埼玉県秩父市日野田町一丁目1番44号 埼玉県秩父農林振興センター2階

ファックス:0494-22-9152

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?