埼玉県議会 トップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:219021

掲載日:2022年7月12日

令和4年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(木下博信議員)

障害者の文化芸術鑑賞機会の充実について - これまでの取組

Q   木下博信 議員(自民)

これまでの取組はどうであったかということ、観に行くことを諦めないようにする鑑賞機会の拡大についてどのような対策を取ってきているか。これは県民生活部長に対策の状況について伺わせていただきます。

A   真砂和敏 県民生活部長

障害のある方などが劇場や文化会館などへ鑑賞に行くことを諦めている状況を解消し、誰もが文化芸術を鑑賞できるようにすることは大変重要だと考えます。
昨年度、彩の国さいたま芸術劇場で上演いたしましたシェイクスピア・シリーズでは、セリフが表示されるポータブル字幕機を無料で貸し出しました。
また、芸術劇場や埼玉会館では、音声が聞こえにくいお客様のために、舞台上の音声を補聴器に増幅して伝える装置を備えております。
県主催のコンサートでは、手話通訳や盲導犬、車いすの利用など、必要な配慮を行っている他、昨年度からはオンライン配信をスタートし、来場が難しい方にも鑑賞していただけるよう取り組んでおります。
この他、ボランティアのアーティストに御協力をいただきまして、社会福祉施設や病院に入所・入院し、外出が難しい方のために出張コンサートも行っております。
今後とも、誰もが文化芸術を鑑賞することができる環境づくりを、できることから着実に推進してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?