埼玉県議会 県議会

ここから本文です。

ページ番号:174107

掲載日:2020年3月31日

令和2年2月定例会 代表質問 質疑質問・答弁全文(岡   重夫議員)

埼玉県の危機管理体制の見直しについて - 埼玉県危機管理指針の見直し -

Q   岡   重夫  議員(県民

平成16年に策定した埼玉県危機管理指針には、埼玉県における危機管理の対応の基本的な考え方や、危機管理体制などが示されています。そして、そこには自然災害だけでなく、武力攻撃やテロ、大規模火災、更には各種感染症など、これまでに想定されたあらゆる危機から県民を守るための基本的な考えなどが記載されています。
ところで知事は、来年度予算案で災害に強い埼玉の構築や県民の安全強化を重点に、危機管理体制の強化にも大きな予算を計上されています。また、本定例会初日の提案説明でも、災害などから県民の命と財産を守る体制の見直しなどに関する決意も述べられています。
そこでまずは、知事御自身が危機管理に関する基本的な考え方や体制などを示すべく、埼玉県危機管理の指針を早急に見直す必要があると思いますが、知事のお考えを伺います。

A   大野元裕   知事

「埼玉県危機管理指針」は、本県の危機対応についての基本的な考え方を定めたものであり、県の危機管理体制、平素から準備すべき事前対策、危機発生時の応急対策などを示しております。
私は、外交官、防衛大臣政務官として長年にわたり危機管理の分野にも携わってまいりました。
その経験から、公約として、埼玉版FEMAを立ち上げ、災害や被害の状況に応じて必要な組織が連携できる体制をつくり上げることと、災害発生時の県業務継続計画の抜本的見直しを掲げさせていただきました。
危機管理の準備は、より実践的なものでなければなりません。
現行の指針についても、こうした観点からより実効性のあるものに見直してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?