埼玉県議会

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:154607

掲載日:2019年7月11日

令和元年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(辻   浩司議員)

入試上の不利益について

Q   辻   浩司   議員(民主フォーラム

高校入試の調査書では、英検や漢字検定の取得に対して加点がなされていますが、これらは相当額の受検料が必要であり、生活困窮家庭の生徒はこれらの資格試験の受験そのものが難しいと考えられます。経済的な理由で入試結果に差がつくような現在の仕組みは改めるか、これらの取得費用を公的に補助するかすべきと考えますが、教育長の御見解をお伺いします。

A   小松弥生   教育長

高校入試における国の通知では、学力検査や調査書の成績だけでなく、英検などの各種技能検査、ボランティア活動や文化・スポーツ活動なども評価するよう求めております。
これを受けて県では、中学校3年間での生徒の多様な取組を評価するため、各学校へそれぞれの学校の特色に応じた選抜の基準を定めるよう通知しております。
このように、高校入試では、生徒の学校内外での活動を幅広く評価することとしており、それらすべての活動にそれぞれ何らかの費用がかかることを考えると、補助を行うことは困難と考えております。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。  

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?