埼玉県議会

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:154601

掲載日:2019年7月11日

令和元年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(辻   浩司議員)

補助金停止と拉致問題の進展について

Q   辻   浩司   議員(民主フォーラム

知事は、拉致問題が解決しないことを理由に補助金停止を決断しました。私も日本人拉致は絶対に許されない国家犯罪であり、一日も早い拉致被害者の帰国と全容解明を求める思いです。しかしながら、こういった拉致問題の早期解決を願う多くの人々の思いとは裏腹に、拉致問題は2002年の小泉総理の北朝鮮訪問による被害者の方々の帰国以降、ほとんど進展はなく、今日に至っています。
そのような現状がある中で、この朝鮮学校への補助金停止措置が本当に拉致問題の解決に役立っていると知事はお考えでしょうか。拉致問題の解決は、朝鮮学校の教職員や保護者、子供たちにはどうにもできない問題です。どうにもできない立場の人たちにペナルティを課すという意味のないことをしているばかりか、私はむしろ、こういった補助金停止や国の高校無償化からの除外などの動きがかえって対日感情を悪化させて、朝鮮政府の態度を硬化させ、拉致問題解決に取り組まない口実を与えることにもなりかねないのではないかと懸念をするところです。
拉致問題の解決のためにとったつもりの補助金停止措置が、かえって拉致問題解決を遠のかせることになることは避けるべきだと考えますが、知事の御見解をお伺いします。

A   上田清司   知事

先ほど申し上げましたように、埼玉朝鮮学園への補助金の不交付は、県議会の附帯決議や国の就学支援金裁判での主張などを理由としております。
拉致問題の解決を直接の目的として不交付としているものではございません。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。  

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?