埼玉県議会

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

ページ番号:154596

掲載日:2019年7月11日

令和元年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(辻   浩司議員)

県立高校入試における不利益の解消について

Q   辻   浩司   議員(民主フォーラム

障害者差別解消法に基づき、現在の県立高校の実施要綱では、障害のあることによって不利益な取扱いにならないよう、十分留意するとなっています。県立高校入試の際には、一定の合理的配慮がなされています。しかし、知的障害のある生徒にとっては、そもそも現入試の得点によって選抜をすること自体が社会的な障壁であり、それが改善されないことは不当な差別的取扱いとも言えます。どのような障害があっても不利益を受けないような入試の在り方について、教育長の御見解をお伺いします。

A   小松弥生   教育長

本県の入学者選抜においては、学力検査の得点だけでなく、中学校長から提出される調査書や面接の結果等もあわせて、総合的な観点から選抜しております。
また、障害のある生徒から申し出があった場合は、中学校での学習状況を踏まえ、別室による受検や検査時間の延長など個別に配慮することとしております。
今後も、全ての子供たちの能力・適性等を考慮し、公正な選抜を実施してまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。  

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?