埼玉県議会

ここから本文です。

ページ番号:153931

掲載日:2019年7月12日

令和元年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(松坂喜浩議員)

治水対策について

Q   松坂喜浩   議員(県民

河川の機能を維持するために欠かすことのできないものの一つとして、河川断面の確保があります。地元の県が管理する安藤川、都幾川、新江川、角川、市野川においても河川の流下能力を妨げるような樹木の伐採、堆積土砂の掘削等の要望をたびたびさせていただいておりますが、平成30年度2月補正から防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策事業として機能強化が図られています。このことは関係する自治体としても効果があるものと期待をしております。
各河川においてどのような対策を進めていくのか、県土整備部長にお伺いいたします。

A   中村一之   県土整備部長

西日本を中心に発生した平成30年7月豪雨などの災害を踏まえ、特に緊急に実施すべき対策として「防災・減災、国土強靭化のための3か年緊急対策」が平成30年12月に閣議決定されました。
この対策の一環として安藤川、都幾川、新江川、角川の4河川については、樹木伐採や土砂掘削を実施いたします。
また、市野川につきましては流下能力が不足し、治水上ネックとなっている諏訪堰の改修工事を進めてまいります。
さらに、市野川の東松山市古凍地内におきまして、堤防を補強する盛土工事を実施いたします。
今後とも、3か年緊急対策を着実に進め、地域の治水安全度の向上を図ってまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。
  • 氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?