Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2017年7月12日

平成29年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(日下部伸三議員)

保育所待機児童と合計特殊出生率について

Q   日下部伸三議員(自民

今年の予算委員会の際に福祉部からいただいた資料を見ますと、0から6歳児の人口1,000人当たりの待機児童数が最も多い沖縄県の出生率が最も高く、待機児童と出生率の相関係数は0.23です。むしろ弱いながらも待機児童の多い県のほうが、出生率が高い傾向に見えます。数字だけ見ると、待機児童を解消しても合計特殊出生率は上がらないと考えられますが、見解を伺います。

A 田島 浩 福祉部長

人口当たりの待機児童数が多い沖縄県は合計特殊出生率が高いですが、同じく待機児童数が多い東京都の平成27年の合計特殊出生率は1.24で全国で最も低い状況にあります。
このように待機児童数と出生率との関係は明らかではありません。
出生率には、経済的な要因や女性の社会進出、個人の価値観の変化など多様な要因が影響しており、待機児童数もその要因の一つと考えております。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?