Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

本会議及び予算特別委員会の生中継・録画中継をご覧になれます。

会議録の内容を、検索したい言葉や発言者などで検索できます。

ここから本文です。

 

掲載日:2017年7月12日

平成29年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(日下部伸三議員)

税別建設坪単価が県立がんセンターの2倍以上もする理由

Q   日下部伸三議員(自民

平成22年11月に戸田建設と契約し、平成23年7月から25年7月に建替え工事を行った県立がんセンターの延べ床面積は6万1,938平米です。本体設備外構の税別建設費用は約166億586万円です。延べ床面積に対する建設工事費の税別坪単価は、東日本大震災による基本設計の総点検と見直しによる6億円の増額を加えても88万4,700円で、県立小児の半額以下です。東日本大震災の後、資材と人件費が高騰したとはいえ、同じ県が建てた同じ規模の病院です。県立小児の坪単価ががんセンターの2倍以上となった理由をお聞かせください。

A 岩中 督 病院事業管理者

東日本大震災以降には、建設資材や労務費の急激な上昇などで建設費用が高騰しました。このため、小児医療センター新病院を発注した平成25年には予定価格を超える入札が全国で多発しておりました。
一方、震災前に契約したがんセンター新病院建設工事では、受注に向けた競争が激しく行われ、予定価格の約57%で落札となりました。
議員お話のとおり、坪単価では、小児医療センターとがんセンターに大きな差が出ているように見えますが、落札率が影響しない予定価格の比較では、坪単価は約1.3倍となります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?