Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2019年6月26日

平成28年6月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(本木 茂議員)

県道中新田入間川線の拡幅整備について

Q 本木 茂議員(自民

この県道は、狭山市の東部地域と中心市街地を結ぶ道路であり、沿線地域における重要な生活道路にもなっています。しかし、周辺には川越狭山工業団地があり、圏央道狭山日高インターチェンジに直結する県道所沢堀兼狭山線と交差することから、通過交通が多い傾向にあります。特に県道所沢堀兼狭山線から東側の約1キロメートルの区間は住宅が建ち並び、車一台通るのがやっとで、これが県道かと思うような状況であります。
現在、県ではこの区間の拡幅整備を進めているところでありますが、地元では小学校の通学路にも指定されていることから、この道路を安心して通ることができるよう早期に拡幅整備されることを期待をしております。
そこで、県道中新田入間川線拡幅整備の現在の進捗状況と今後の見通しについて、県土整備部長に伺います。

A 浅井義明 県土整備部長

この県道は、県道川越入間線から県道所沢堀兼狭山線までの延長約3.1キロメートル区間の幅員が狭いため、順次、拡幅整備を進めてきております。
これまでに、県道川越入間線の西側延長約2.3キロメートル区間の拡幅整備が完了し、平成21年度から残る県道所沢堀兼狭山線までの延長800メートル区間について、整備を進めております。
現在の進捗状況でございますが、用地買収率は53パーセントとなっております。
また、通学路に指定されている区間などについて、交通安全を図るため、緊急対策として路肩にグリーンベルトの設置を行っております。
平成28年度は用地買収を進めるとともに、用地がまとまって確保できた箇所の工事を進めてまいります。

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

注意:議員の氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字があるため、第1・第2水準の漢字で表記しているものがあります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?