Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年6月14日

研究課題の評価

研究課題評価の公開について

 限られた研究資源で、効率的かつ効果的な研究開発を実施するために、研究課題の評価(以下「課題評価」という)を実施しています。課題評価において適切な助言を得ることで、研究員の創造性が十分に発揮できるように活用するものです。

 ここでは、課題評価の透明性を高めるとともに、試験研究について多くの方々に知っていただくために、ホームページで公開いたします。

評価委員会の設置

  当研究室では、「埼玉県農林水産試験研究機関研究課題評価実施要領(平成27年4月1日最終改正)」に基づき、厳正かつ公平性、客観性を確保するため課題評価を行う組織として、外部の有識者等で構成する研究等評価委員会(以下「評価委員会」という)を設置しています。

 平成30年度の評価委員会構成は、以下の3名です。

評価委員一覧

氏名

現職等

  後藤 晋  東京大学大学院農学生命科学研究科 付属演習林教育研究センター 准教授
  滝田 早苗  埼玉県山林種苗協同組合 理事長
  設楽 幸裕  こだま森林組合 代表理事組合長

※所属は、平成30年10月現在のものです。(敬称略) 

評価の種類と公開

 評価委員会で行う課題評価には、下記の3つがあり、このホームページで公開するのは、平成29年度に終了した研究課題を対象にした「事後評価」です。 

評価種類一覧  

事前評価

新たに実施する研究課題について、県民ニーズなど農林水産行政からみた緊急性や重要性、本県農林水産業への貢献の可能性、技術的な達成の可能性等、多様な観点から、課題化の妥当性を評価します。

事後評価

研究終了後、当該研究の成否について総括するとともに、新たな研究計画の策定等に活かすため、研究目標の達成の度合い、研究成果の波及効果、県民生活や本県農林水産業への貢献度など研究内容の全般について、総合的な観点から評価します。

追跡評価

事後評価だけではその成果が確定できないと判断された研究課題については、研究終了後一定期間経過後に、追跡評価を実施します。

   

平成30年10月15日に評価委員会を開催しました。 

平成29年度に終了した課題の評価公開

平成29年度に終了した課題はありませんでした。

過去の評価結果

平成29年度

平成28年度

お問い合わせ

農林部 寄居林業事務所 森林研究室

郵便番号369-1203 埼玉県大里郡寄居町寄居1587-1

ファックス:048-581-0792

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?