ページ番号:206972

掲載日:2021年12月16日

ここから本文です。

身の回りの虫たち

衛生害虫とは

私達の身のまわりにはたくさんの虫たちも生きています。

人の生活と関わりをもち、以下のような影響を与えてしまう虫たちがいます。

  • 家の中で発生し、食品や家財を食べてしまう虫
  • 刺す、血を吸う虫。またそのことで感染症の原因となる病原体を媒介する虫
  • 生活場所の近くで見つかり、不快感を与える虫

こういった虫たちを「衛生害虫」と呼びます。

ここでは埼玉県内に分布し保健所などによく相談される衛生害虫についてご案内します。

虫といっても生物分類学上のいわゆる「昆虫綱」に分類されるものだけでなく、

「ダニ目」に分類されるものについても衛生害虫に含めています。

また、以下の各種の形態に関する解説において特にことわりがない場合には成虫について述べています。

それぞれの虫の名前をクリックすると説明をご覧いただけます。

(虫の画像も掲載しています。)

ハエのなかま

1対2枚の翅をもち、飛ぶことが上手です。蚊もこのなかまに含まれます。

ゴキブリのなかま

体が楕円形で、触角が長く、脚にたくさんのトゲトゲ(刺)がついています。

不完全変態(さなぎの時期がない)で、幼虫も成虫と同じような形態です。

世界中で4000種以上が知られ、そのほとんどが野外に生息しています。

日本でも60種ほどが記載されていますが、多くは九州以南、南西諸島の屋外に分布しています。

甲虫のなかま

硬い翅の下に、飛ぶための軟らかい翅を持っています。卵→幼虫→さなぎ→成虫と成長します。

穀物や粉類などを食害するものについて紹介します。

ダニのなかま

昆虫のように体が頭胸腹の3つに分かれていません。脚は4対8本あります。

日本中で約2000種が知られていますが、ヒトの生活に影響する衛生害虫となるのはほんの数%です。

 

 

このページは以下の文献等を参考にして作成しました。

津田良夫、安居院宣昭、谷川力他編.2020.衛生動物の事典.朝倉書店.

日本家屋害虫学会編.1995.家屋害虫事典.井上書院.

安富和男、梅谷献二.1983.衛生害虫と衣食住の害虫.全国農村教育協会.

 

 

 

 

お問い合わせ

保健医療部 衛生研究所 生体影響担当

郵便番号355-0133 埼玉県比企郡吉見町江和井410番地1

ファックス:0493-59-8143

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?