ページ番号:207122

掲載日:2021年12月14日

ここから本文です。

ゴキブリのなかま

 クロゴキブリ

体長25~30mm、体色は光沢のある黒色で、翅は黒褐色です。

生まれてすぐの幼虫は体に白い帯と斑紋があるのが特徴です。

病原体の物理的な伝播、アレルゲン、不快感や嫌悪感、製品への異物混入、糞による汚染などの害があります。

夜行性で、日中は屋内外の狭いすき間に集合して潜んでいます。糞には他個体を誘引するフェロモンを含んでいます。

クロゴキブリ

 チャバネゴキブリ

体長12mm程度、小型で細長い形態です。体は淡黄色で前胸背に明瞭な2本の黒線を持ちます。

翅はありますが飛ぶことはできません。低温に弱いため、屋内で1年中暖かく、

餌と水のある場所(ビル、飲食店街など)で生息しています。

クロゴキブリと同様、夜行性で糞には集合フェロモンが含まれます。

殺虫剤に対する抵抗性やベイト剤に対する忌避行動があり、防除の妨げとなることが報告されています。

チャバネゴキブリ

対策

ゴキブリはガス台の回りや冷蔵庫や食器戸棚の裏など餌、水、温度の条件がそろう場所に群れで生息しています。

まずは餌となる食品残渣をなくし台所や洗面所の水を良くふき取り、潜み場所となるすき間を減らすことが必要です。

その上で殺虫スプレー、粘着シート、くん煙剤等の薬剤を使用してください。

 



お問い合わせ

保健医療部 衛生研究所 生体影響担当

郵便番号355-0133 埼玉県比企郡吉見町江和井410番地1

ファックス:0493-59-8143

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?