Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年3月6日

窓の断熱で快適な生活空間を実現しましょう

建物の断熱効率を上げるためには、窓の断熱性能を高めることがとても大切です。

窓からは多くの熱が出入りします

熱は、夏季においては約70%が窓から侵入し、冬季においては約60%が窓から流出します。
二重窓化によって窓の断熱性能を高めることは、エアコンなどの冷暖房機器の効率性も高まり、
節電にもなります。

冷暖房時の開口部からの熱流出入割合

開口部
出典:一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会
図表作成:全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)

断熱性能の向上による有病率の改善

 断熱性能を高めると、アレルギー性鼻炎や気管支喘息等が改善される傾向があります。

 断熱性能の向上による有病率の改善

有病率の改善

出典:健康維持がもたらす間接的便益を考慮した住宅断熱の投資評価
 日本建築学会環境系論文集第76巻 第666号 735-740 2011年8月
 ※断熱性能の低い家から高い家に転居した人を対象に調査 n=10,2
 図表作成:全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)

埼玉県の取組

 平成28~30年度に、高齢者の生活の場である特別養護老人ホームの窓を断熱性の高い二重窓に変えるモデル事業を9件実施しました。

1.目的
 
夏期に住宅に入る熱の約70%が窓から侵入し、冬期には約60%の熱が窓から外に逃げています。既存の窓ガラスを複層ガラスに交換したり、内窓を設置するなどの工事は比較的手軽に実施でき、効果的に建物の断熱性能を高めることができます。昭和から平成の初めに建設された特別養護老人ホームは、窓の断熱対策が十分でない施設が大半を占めています。
 そこで、特別養護老人ホームの窓を二重窓化することによって断熱性能を高め、施設の省エネルギー化を図り、得られた効果を広くお知らせすることにより、他の福祉施設や住宅へ二重窓の普及を推進します。

2.事業内容
 対象者 :社会福祉法第22条に規定された社会福祉法人
 事業内容:特別養護老人ホーム等の原則全ての窓に二重窓を導入する事業

 交付額 :対象経費の1/2(上限900万円)

 事業者には、事業完了年度から3年間、毎年度の光熱費等の報告を求めています。

 ※ガラス交換、内窓設置、外窓交換

モデル事業を実施した施設

 施設番号

  所在地

設置設備

施設の定員

 備考

1

北本市

内窓設置

80人

28年度

2

熊谷市

ガラス交換

30人

28年度

3

横瀬町

内窓設置・ガラス交換 

70人

28年度

4

越谷市

ガラス交換

100人

28年度

5

さいたま市

ガラス交換

120人

28年度

6

深谷市

ガラス交換

60人

29年度

7

上尾市

ガラス交換

62人

29年度

8

長瀞町

内窓設置・ガラス交換

99人

30年度

9

鳩山町

ガラス交換

100人

30年度

 

導入効果

 事業者からは、毎年度、導入効果報告書を提出していただいています。
報告書に記載されていた導入効果についてお知らせします。

・防音効果があり、居室内が静かになった。

・防寒性、保湿性が上がった。

・遮熱効果があり、熱中症予防対策効果が高いと感じられた。

・結露対策になり、カビの発生を抑制できた。

・利用者から、快適(室温、騒音等)な生活環境であると好評であった。

・施設訪問者にも明るくきれいだと好評であった。

 

 実証試験

 塩ビ工業・環境協会に設置された「ZEB・ZEHの実現を考える会」(委員長:芝浦工業大学 秋元孝之氏)の活動の一環として、事業実施施設の中の1施設(内窓設置)で、夏季・冬期に実証試験を行いまいた。

その結果、内窓設置の効果として、「窓表面結露の防止」「室内の上下温度差の抑制による室内温熱環境の向上」「冬期において暖房負荷削減による省エネ効果」が確認できました。

 実証試験 

 左図は、冬期実測期間(10日間)における、ガラス中央及びサッシ中央に結露が発生した時間の割合をまとめたものです。「内窓なし」に比べ「内窓あり」では、結露発生時間が大きく減少し、内窓設置による結露防止効果が確認できました。

 

出典:塩ビ工業・環境協会「ZEB・ZEHの実現を考える会」の冊子「ZEBの実現のために」

  

参考

   ○断熱等についての情報 
 ・インテリア、工夫次第でお部屋を快適に、さらに省エネに(環境省HP)
 ・暖房費も節約できる「窓の断熱」テクニック(環境省HP)

 ○樹脂窓、外窓、内窓についての情報
 塩ビ工業・環境協会HP

 

お問い合わせ

環境部 エネルギー環境課   住宅等省エネルギー推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4778

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?