トップページ > 文化・教育 > 青少年 > 埼玉県若者支援協議会

ページ番号:141170

掲載日:2022年6月10日

ここから本文です。

埼玉県若者支援協議会

令和4年度第1回「若者支援のためのネットワークづくり研修会」を開催します

埼玉県では、若者支援に携わる機関や団体の方などを対象に、研修会を開催しています。

今回は、東京都世田谷区から委託を受けて発達障害の若者のための居場所「みつけばハウス」を運営する特定非営利活動法人東京都自閉症協会副理事長の尾崎ミオ氏を講師にお招きして基調講演と事例検討を行い、発達障害の若者の支援について理解を深めます。自由参加のグループ交流で支援者同士のつながりを深めることもできます。

申込方法等の詳細は、埼玉県若者支援協議会ホームページ(通称・埼玉県若者支援ネット)を御覧ください。

 

■下記のチラシをクリックすると、若者支援協議会のページが開きます(別ウインドウで開きます)。

■チラシのダウンロードはこちらから「若者支援のためのネットワークづくり研修会チラシ」(PDF:1,178KB)

令和4年度第1回若者支援のためのネットワークづくり研修会チラシ表面(別ウィンドウで開きます)

開催の概要

■日時

2022年7月21日(木曜日)13時30分から17時00分(受付開始13時00分)

■場所

浦和コミュニティセンター  第15集会室

さいたま市浦和区東高砂町11-1  9階(JR浦和駅東口より徒歩1分)

■対象

埼玉県内で若者支援に携わる機関・団体の方

■定員

70名(定員を超えた場合は、御参加いただけません。)

参加の可否はメールでお知らせいたします。

■参加費

無料

 

令和3年度第3回「若者支援のためのネットワークづくり研修会」を開催します(終了しました)

埼玉県では、若者支援に携わる機関や団体の方などを対象に研修会を開催します。

困難を抱える若者のもとへ支援者が足を運ぶ「アウトリーチ」、当事者のありのままを受け止める安心で安全な「居場所」は、若者支援において大きな役割を果たします。

そこで、今回は、福島県でアウトリーチと居場所を活用して先進的な取組をしている「特定非営利活動法人ビーンズふくしま」から講師をお迎えして、アウトリーチと居場所活動への理解を深めます。

また、事例検討や自由参加のグループ交流で支援者同士のつながりを深めることもできます。

詳細は、埼玉県若者支援協議会ホームページ(通称・埼玉県若者支援ネット)を御覧ください。

 

※令和4年1月26日追記

新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、以下のとおり開催方法等を変更します。

【開催方法】

(変更前)会場で対面開催  →  (変更後)オンライン開催(既にお申込みいただいている方には別途連絡しています。)

【開催時間】

(変更前)13時00分から17時00分  →  (変更後)13時00分から16時30分

【講師】

特定非営利活動法人ビーンズふくしま

(変更前)理事長  若月ちよ氏、福島事業部門長  江藤大裕氏  →  (変更後)福島事業部門長  江藤大裕氏

 

下のチラシをクリックすると、若者支援協議会のページが開きます(別ウインドウで開きます)。

令和3年度第3回若者支援のためのネットワークづくり研修会画像(別ウィンドウで開きます)

 

開催の概要

■日時

2022年2月14日(月曜日)13時00分から16時30分(受付開始12時30分)

 

■場所

オンライン開催

 

■対象

埼玉県内で若者支援に携わる機関・団体の方

 

■定員

80名(定員を超えた場合は抽選とします。)

参加の可否はメールでお知らせいたします。

 

■参加費

無料

令和3年度第2回「若者支援のためのネットワークづくり研修会」を開催します(終了しました)

埼玉県では、若者支援に携わる機関や団体の方などを対象に研修会を開催します。

今回は、困難を抱えた若者が、セーフティーネットである学校を卒業や中退で離れた後、どのように支援を続けていけば良いか考えます。

一緒に学び、グループワークで考えましょう。

基調講演と事例検討の後は、自由参加のグループ交流で支援者同士のつながりを深めることもできます。

基調講演の講師は、市村彰英先生(埼玉県立大学保健医療福祉学部教授、同大学院保健医療福祉学研究科教授)です。

詳細は、埼玉県若者支援協議会ホームページ(通称・埼玉県若者支援ネット)を御覧ください。

 

下のチラシをクリックすると、若者支援協議会のページが開きます(別ウインドウで開きます)。

令和3年度第2回若者支援のためのネットワークづくり研修会チラシ(別ウィンドウで開きます)

開催の概要

■日時

2021年11月16日(火曜日)13時30分から17時00分(受付開始13時00分)

 

■場所

浦和コミュニティセンター  9階  第15集会室

※新型コロナウイルスの感染状況により、オンライン開催に変更する場合があります。

 

■対象

埼玉県内で若者支援に携わる機関・団体の方

 

■定員

50名(先着順)

参加の可否はメールでお知らせいたします。

 

■参加費

無料

令和3年度第1回「若者支援のためのネットワークづくり研修会」を開催します(終了しました)

埼玉県では、若者支援に携わる機関や団体の方などを対象に、オンラインで研修会を開催します。若者支援の現場では、若年無業、ひきこもり、発達障害、ヤングケアラー、学習困難などの問題と合わせて、経済的困窮の問題を抱える若者やその保護者に出会うことも少なくないと思います。新型コロナウイルスの影響により、仕事を失い、社会的に孤立して生活困窮に陥る若者の支援も求められています。

そこで、この研修会では、経済的困窮により生きづらさを抱える若者の現状や支援について、パネルディスカッションを通じて考えていきます。

パネルディスカッションのパネラーは、沖田夏樹氏(一般社団法人彩の国子ども・若者支援ネットワーク浦和センター長)、中村生氏(ふじみ野市福祉部福祉総合支援チーム主査)、黒田和代氏(特定非営利活動法人サマリア代表)の3人です。

また後半では、Zoomでのグループ交流を通じて、支援者同士の関係づくりも行います(希望者のみ)。

詳細は、埼玉県若者支援協議会ホームページ(通称・埼玉県若者支援ネット)を御覧ください。

 

下のチラシをクリックすると、若者支援協議会のページが開きます(別ウインドウで開きます)。

令和3年度第1回若者支援のためのネットワークづくり研修会チラシ(別ウィンドウで開きます)

 

開催の概要

■日時

2021年7月15日(木曜日)13時30分から15時40分(受付開始13時15分)

 

■場所

オンライン開催

Zoomにて参加となります。IDとパスワードは開催日の約3日前にメールで送付させていただきます。

 

■対象

埼玉県内で若者支援に携わる機関・団体の方など

 

■定員

60名(先着順)

参加の可否はメールでお知らせいたします。

 

■参加費

無料

 

令和2年度「若者支援のためのネットワークづくり研修会」を開催します(中止しました)

型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言を受けて中止いたしました。

埼玉県では、若者支援に携わる機関や団体のかたなどを対象に、研修会を開催します。

若者の抱える困難は複雑化、深刻化しており、若者支援に当たっては個々の状況に応じたきめ細やかな支援が求められます。

今回は、困難を抱えた若者が学校から離れた後、いかに支援を継続するかをテーマに、基調講演と事例検討を通して、様々な分野の支援者が「家族」を含めた若者支援について、一緒に学び、考えます。

基調講演の講師は、昨年度に引き続き、市村彰英先生(埼玉県立大学保健医療福祉学部教授、同大学院保健医療福祉学研究科教授)です。

 

令和2年度埼玉県若者支援協議会研修会「困難を抱える若者と行政の現状と課題」を開催します(終了しました)

埼玉県では、様々な分野で若者支援に関わる主に行政職員を対象として、研修会を開催します。 

若年無業、ひきこもり、発達障害、経済的困窮、学習困難、ヤングケアラーなど、若者たちは様々な困難を抱えています。課題が「複合的」「曖昧」など、なかなか支援に結びつきにくいことに加え、そもそも子供や高齢者に比べて、若者たちを対象とした支援策は手薄になっています。

さらに、新型コロナウイルスの影響により、事態は一層深刻化しています。今、若者たちが生きやすい社会づくりに取り組むことは、未来の社会のために不可欠であり、行政の役割は非常に大きいと考えます。

そこで、この研修会では、若者たちはどのような状況にあり何が課題となっているのか、また、公的支援はどのような課題があるのか、さらに、行政として一歩踏みこんだ支援には何が必要なのかを考えます。

 講師は、岡部卓先生(明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科専任教授)、テーマは、困難を抱える若者と行政の現状と課題~一歩踏み込んだ支援に必要なこととは~です。

 研修会案内チラシ

令和2年埼玉県若者支援協議会研修会チラシ(PDF:1,377KB)

 

開催の概要

日時

令和2年10月20日(火曜日)13時30分から16時30分(受付13時から)

場所

大宮ソニックシティビル4階  市民ホール403・404(JR大宮駅西口徒歩3分)

所在地  さいたま市大宮区桜木町1-7-5

対象

県・市町村担当者(青少年行政、福祉、医療、就労支援、教育等)

県社会福祉協議会、市町村社会福祉協議会担当者

学校関係者(教員、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー等)

定員

80名程度

講演

 「困難を抱える若者と行政の現状と課題~現状から一歩踏み込んだ支援に必要なこととは~」

講師  明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科専任教授  岡部卓氏

     

申込方法

申込に当たっての必要事項
  1. お名前
  2. ふりがな
  3. 所属名
  4. 電話番号
  5. メールアドレス
  6. 分野(青少年、福祉、医療、就労支援、教育、その他(その他の内容) )
メールでの申込の場合

件名に「若者支援協議会研修会申込」と明記の上、本文に上記「申込に当たっての必要事項」の1から6の内容を記入して送信してください。

【送信先メールアドレス】a2905-05●pref.saitama.lg.jp※●を@に変更してください。

ファックスで申込の場合

案内チラシの裏面の参加申込書に記入の上、ファックスで送信してください。

令和2年度埼玉県若者支援協議会研修会チラシ(PDF:1,377KB)

【送信先ファックス番号】048-830-4754

 

 令和元年度「若者支援のためのネットワークづくり研修会」を開催します(終了しました)

埼玉県では、若者支援に携わる機関や団体のかたなどを対象に、研修会を開催します。

若者の抱える困難は複雑化、深刻化しており、若者支援に当たっては個々の状況に応じたきめ細やかな支援が求められます。

そこで今回は、困難を抱える家族には何が起きているか、外部に閉じている家族とはどのように関わったらよいかをテーマに、基調講演とグループワークによる事例検討を通して、様々な分野の支援者が「家族」を含めた若者支援について、一緒に学び、考えます。

基調講演の講師は、市村彰英先生(埼玉県立大学保健医療福祉学部教授、同大学院保健医療福祉学研究科教授)です。 

 研修会案内チラシ

若者支援のためのネットワークづくり研修会チラシ(PDF:623KB) ※別ウインドウで開きます。

令和元年度若者支援のためのネットワークづくり研修会チラシ表面(PDF:623KB)

 

開催の概要

日時

  令和2年2月13日(木曜日)13時30分から17時30分(受付開始13時)

場所

  浦和コミュニティセンター(9階  第15集会室)

  所在地 さいたま市浦和区東高砂町11-1(JR浦和駅東口から徒歩1分)

対象

  埼玉県内で若者支援に携わる機関・団体のかた

定員

 80名(申込順)

プログラム

 1  基調講演

  「問題や悩みのある家庭への理解と関わり」

     埼玉県立大学 保健医療福祉学部 社会福祉子ども学科 教授

     埼玉県立大学大学院 保健医療福祉学研究科 健康福祉科学専修 教授

     市村 彰英 氏

 2  事例検討(グループワーク)

     埼玉県教育局東部教育事務所 スクールソーシャルワーカー

     社会福祉士 精神保健福祉士

     島 留美子 氏

 3  参加者持ち寄り課題のグループ討議
 4  参加者持ち寄り課題に関する質問・ディスカッションタイム
 5  講師からのコメント
 6  交流会(自由参加) 

 

申込方法

申込に当たっての必要事項

  1. お名前(かな)
  2. 所属(団体名、機関名、部署名等)
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. メールアドレス
  6. 現在課題としていること、テーマなど(※1)
  7. 交流会への出席(※2)
  8. 当日の配布用名簿への掲載の可否(※3)

※1  参加者が現場で課題としていることを持ち寄って、当日のグループワーク内で対応を話し合ったり、悩みを共有する時間を設けたいと思っています。可能な範囲で、課題としていることやテーマ等について、簡単に記入してください。  

※2  会議終了後、会場内にて参加者同士が交流する時間を設けます。自由参加です。

※3  新たなつながりづくりや、交流のきっかけとしていただくため、「1 お名前」及び「2 所属」に御記入いただいた内容について、参加者名簿を作成して配布する予定です。名簿掲載に同意していただける方は同意の旨お知らせください。  

 

メール

  件名に「ネットワーク研修会申込」と明記の上、本文に上記「申込に当たっての必要事項」の1から8の内容を記入して、送信してください。

【送信先メールアドレス】a2905-05●pref.saitama.lg.jp  ※●を@に変更してください。

 

ファックス

  案内チラシ裏面の参加申込書に記入の上、ファックスで送信してください。

  「若者支援のためのネットワークづくり研修会」案内チラシ 【準備中】

【送信先ファックス番号】048-830-4754

 

電話

  048-830-2905までお電話ください。  

 

 申込期限

  令和2年2月7日(金曜日)必着

 

 問合せ先

  埼玉県 県民生活部 青少年課 企画・非行防止担当

  電話 048-830-2905

 

「埼玉県若者支援協議会」を設置しました

子ども・若者育成支援推進法(平成21年法律第71号。以下「法」という。)第19条第1項に規定により、子ども・若者支援地域協議会(以下「協議会」という。)を平成30年11月に設置しました。

1  協議会の名称

埼玉県若者支援協議会

2  協議会に係る法第21条第1項に規定する子ども・若者支援調整機関の名称

埼玉県県民生活部青少年課

3  協議会を構成する法第19条第1項に規定する関係機関等の名称

  • 特定非営利活動法人さいたまユースサポートネット
  • 特定非営利活動法人越谷らるご
  • 特定非営利活動法人非行克服支援センター
  • 公益社団法人埼玉県社会福祉士会
  • 埼玉県が委嘱する学識経験者
  • さいたま市子ども未来局子ども育成部青少年育成課
  • 上尾市子ども未来部子ども・若者相談センター
  • 埼玉県教育局生徒指導課
  • 埼玉県高等学校定時制通信制校長会
  • 埼玉県福祉部社会福祉課
  • 埼玉県福祉部障害者福祉推進課  ※実務者会議は埼玉県発達障害総合支援センター
  • 埼玉県福祉部こども安全課
  • 埼玉県立精神保健福祉センター
  • 埼玉県保健医療部疾病対策課
  • 埼玉県産業労働部雇用労働課
  • 若者自立支援センター埼玉・かわぐち若者サポートステーション
  • 埼玉県警察本部生活安全部少年課

        【17機関・団体】

4  埼玉県若者支援協議会設置要綱

埼玉県若者支援協議会設置要綱(PDF:187KB)

 

お問い合わせ

県民生活部 青少年課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 衛生会館3階

ファックス:048-830-4754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?