• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

With You さいたま > 講座・イベント > 講座終了報告 > 平成30年度 > 性暴力防止セミナー「性暴力 その後を生きる~深い傷と回復への道のり~」

月曜日から土曜日

9時30分から21時

日曜日、祝日

9時30分から17時30分

毎月第3木曜日
年末年始(12月29日から1月3日)

ここから本文です。

 

掲載日:2019年3月12日

性暴力防止セミナー「性暴力 その後を生きる~深い傷と回復への道のり~」

日時

平成30年7月25日(水曜日)14時から15時30分

場所 埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)
参加者

100名

内容

講演「性暴力その後を生きる~深い傷と回復への道のり~」 講師:中島 幸子さん 

さいたま市と共催で、NPO法人レジリエンス代表・中島幸子さんをお迎えして、性暴力セミナーを開催しました。「性暴力とはどのようなものか」「被害に遭われた方がトラウマから回復していくには何が必要か」「支援者に求められることは何か」について、当事者の視点からお話しいただきました。そのお話の一部をご紹介します。

性暴力とは

性暴力というとレイプと考える人が多いが、痴漢も性暴力。多くの人が経験し、身近な問題なのに語り合う場がない。「性」も「暴力」も話しにくい。それは性暴力に遭った人が責められることが多く、安全を感じられないから。性暴力は山ほどあるが、性犯罪と見なされる人はごくわずか。第三者的に客観的に証拠と見なされるものが無いと有罪にならない。

キーワードとして「性的自己決定権」(=自分の体は自分のもの)と「コンセント」(=同意する)がある。どちらかが、性的自己決定権が発揮できなかったと感じた瞬間に、性暴力が発生している。性暴力の中には性虐待も含まれる。性暴力を経験するのは、男性もいるが、女性が多い。性的なことに関わる時には「コンセント」が必要。子ども達は「コンセント」できない。「コンセント」できない状態の人を性の対象にしてはならない。自由な意思で「積極的なイエス」と言う時だけが「コンセント」。関係性がある程度対等でなければ「コンセント」ではない。

トラウマと脳について

性暴力を受けた人は多くの場合、深い傷(トラウマ)を負う。記憶は部分的でも、それは、異常な状況での正常な反応。支援者はその脳の仕組みを理解することが必要。トラウマの記憶は脳を通り越して身体に埋め込まれる。例えば加害者と似たような人とすれ違うだけでフラッシュバックを起こし、過呼吸になる。それは感覚として覚えているから。身体の感覚と感情は記憶として残りやすい。トラウマを経験した人には従来の話すカウンセリングと並行して、身体に入ったトラウマの影響を少しずつ変えていくようなセラピーもあったらベスト。

また、性虐待、性暴力を受けた人は解離(現実の世界が耐え難いから離れる・自分の身体から出て行く)して生き延びる場合がある。私自身、解離をして生き延びて来た。トラウマという大きなストレスを受けた人の反応や解離を理解しなければ支援は難しい。

性暴力を経験した人は「恥」を感じさせられる。「恥」は人との関係で生じる感情。「恥」は巨大になるとアイデンティティ(自分が存在する意味)に重なり易い。性暴力が壊すものは人間としての尊厳、アイデンティティ、希望。

傷ついた人が希望を感じるためには安全な人との繋がりが必要。勇気を出して話してくれた時に受けとめる人がいることが大事。どんな場面でも希望を持つということを、一人でも多くの人達に感じてもらうことができたら、世の中は少しずつかもしれないけれど、変わっていくと思います。 

説明「アイリスホットライン」の取り組みについて 講師:埼玉犯罪被害者援助センター 職員

埼玉県における性暴力被害者のワンストップ支援センターである「アイリスホットライン」の取り組みについて、埼玉犯罪被害者援助センターの職員の方から説明がありました。

アイリスホットライン http://www.svsc8080.jp/iris/

参加者の声

  • 自分は性暴力とは程遠いと思っていたけれど、性暴力がどんなものが含まれるかというのを再認識して気付かないうちに性暴力を受けていいたことを思い返すことができた。(20代女性) 
  • 講座の内容も素晴らしかったが、何よりも講師との出会い、講師の人柄、考えを聞けたことが大きな勇気になった。参加して本当に良かった。素晴らしい機会をありがとうございました。(20代女性) 
  • たまたま見たチラシでしたが、参加できてよかったです。今までは”人ごと”のフリをしていました。私のように、人に話せない人も世の中にはたくさんいるのだということも分かりました。(40代女性)
  • 当事者の方が話されたことで、説得力とリアリティを感じられて、心にひびくお話でした。支援者のあり方、心の持ち方について基盤となる考え方がわかり、参考になりました。(50代女性)

チラシ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター 事業・相談担当

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3階

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?