• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

With You さいたま > 講座・イベント > 講座終了報告 > 性暴力対策セミナー「性暴力から立ち上がる」

月曜日から土曜日

9時30分から21時

日曜日、祝日

9時30分から17時30分

毎月第3木曜日
年末年始(12月29日から1月3日)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月20日

性暴力対策セミナー「性暴力から立ち上がる」~被害者から学ぶ支援のあり方~

日時

平成26年11月18日(火曜日) 13時30分から15時30分

場所 埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま) セミナー室
参加者

70名

内容

 性暴力を受けた被害者本人から、被害の状況やその後の支援により立ち上がることができた経験、支援者がどうあってほしいかなどのお話をしていただきました。 

第1部 「性暴力から立ち上がる ー被害者から学ぶ支援のあり方ー」大藪順子さん
師:大藪順子(フリーフォトジャーナリスト)

 アメリカの新聞社勤務時代、自宅で就寝中にレイプ被害を受け、恐怖で声を上げることも、身体を動かすこともできずにいたという被害状況、さらに性暴力被害者は「なぜ逃げなかったのか?抵抗しなかったのか?」と聞かれるという二次被害状況が語られました。性暴力被害者は自分を責めてしまいやすいですが、暴力はあくまでも加害者の意思によるもので、被害者は悪くありません、と強いメッセージがありました。

 ご自身の経験から性暴力被害者にインタビューをし、写真に撮る活動を続けており、力強い写真を見せていただきました。

第2部 「アイリスホットラインについて紹介」高橋さん
師:高橋和子(埼玉犯罪被害者援助センター) 

 平成25年9月に埼玉県・埼玉県警察本部・埼玉県産婦人科医会・公益社団法人埼玉県犯罪被害者援助センターが協定を結び立ち上がった「アイリスホットライン」の活動について説明がありました。

 性暴力などの犯罪被害に遭い、どうしたらよいかわからないなど、不安や悩みを抱えた方などの電話相談や、場合によって同行支援もしているので、被害を受けた人やその家族、知人から相談を受けた時は、「アイリスホットライン」を紹介していただきたい、とお話しいただきました。

 アイリスホットラインのホームページ

参加者の声

  • 生々しい実体験の話もあり、声に出して発する大藪さんの強さにひかれた。質問にもとても丁寧に答えてくださった。お話を伺い、自分にできることはないかと考えた。 
  • 「自分の心のケアを」の話が良かった。ついつい忘れてしまいがちだと思う。
  • 日本では性暴力に対する支援がまだまだ少なく始まったばかりという印象がある。困ったときワンストップセンターに相談できることについて知ることができたのもよかった、など

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター 事業・相談担当

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3階

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?