Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年8月20日

埼玉ゆかりの偉人/検索結果(詳細)/矢田部 卿雲

検索結果(詳細)

偉人氏名

矢田部 卿雲

氏名よみがな

やたべ けいうん

偉人氏名(別名)

矢田部 信明(本名)

別名よみがな

不明

主な功績

蘭学者

分野

学術

ゆかりの市町村名

上里町

出生地

上里町

主な居住地

東京都他

生年(西暦)から 没年(西暦)

1819から1857

生年(和暦)から 没年(和暦)

文政2年から安政4年

功績

江戸時代後期の蘭学者。賀美郡勅使河原村(現上里町)荒井家に生まれ、名は信明、信任。卿雲・郷雲と号す。卿雲のとき矢田部に復姓。江戸深川の坪井信道の日習堂で蘭学・蘭方医学を学ぶ。この頃オランダ産科学者サロモンの『産科の指針』の翻訳を手がけ、江川英竜に抱えられた後、弘化2年(1845)に完成。これが『撒羅満(さろもん)氏産論抄書』である。嘉永5年(1852)秩父大宮の医師伊古田純道による日本最初の帝王切開手術は卿雲の訳による「撒羅満氏産論」によるものだったと言う。また、反射炉や台場の建設にも尽力し、安政元年(1854)にはオランダ軍艦で通訳も務めた。享年39歳。墓は谷中墓地と天神(上里町)荒井家墓地にある。

関連ホームページ

---

著書・作品(出版社・収蔵館)

『撒羅満氏産論抄書』

参考文献(著者・出版社)

『上里町史』

ゆかりの場所・名称

---

ゆかりの場所・住所

---

ゆかりの場所・説明

---

ゆかりの場所ホームページ

---

お問い合わせ

県民生活部 文化振興課 文化振興担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4752

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?