発達障害総合支援センターのご案内

発達障害総合支援センターは、発達障害の支援ができる人材の育成や、親への支援、地域の支援機関への助言、県民の方からの相談に応じるなど、発達障害のある子どもや保護者の方が、日常生活で必要な支援が受けられる地域づくりを行っています。

所在地

〒330-0081
さいたま市中央区新都心1-2 (小児医療センター3階南玄関)

開所時間

午前8時30分から午後5時15分

休業日

土曜日、日曜日、祝日、国民の休日、年末年始(12月29日から1月3日)

お問い合わせ

電話:048-601-5551
ファックス:048-601-5552

研修情報

このホームページや研修用ライブラリー(DVD、書籍)の貸出など発達障害の支援に関して県民の皆様に情報を提供しています。

ここから本文です。

<<お知らせ>>

★発達障害の理解を推進するための動画を配信しています。

 動画一覧はこちら

★発達障害のある方とそのご家族、支援者の皆様へ

~新型コロナウイルス感染症拡大を受けて~

 新型コロナウイルス感染症の流行により、新しい生活様式が提唱され、自粛生活の期間が長引いています。自粛生活により、日常生活リズムが狂いがちで落ち着かない日々を送っている方も、少なくないと思います。

 新型コロナウイルス感染症に対し、社会的にも不安が増す中、子ども達と一緒に正しい情報を学び、感染しないための手立てを身に着けられるよう、参考資料を集めてみました。

 参考資料はこちら

発達障害とは

発達障害は、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他のこれに類する脳機能の障害でその症状が通常低年齢において発現するものとされています。

発達障害の特性について周囲の人が理解し、適切に支援することで日常生活の困難さを軽減することができます。

<発達障害者支援法で定義されている各障害についての説明>

1

広汎性発達障害

2

自閉症

3

アスペルガー症候群

4

学習障害(LD)

5

注意欠陥多動性障害(AD/HD)

埼玉県発達障害総合支援センターの主な業務

1、発達障害を理解し、支援できる人材を育成します

  • 保育所、幼稚園を対象に、発達障害に早期に気づき、適切な支援ができる人材育成の研修を実施します。
  • 医師、看護師や障害児通所支援事業所職員等向けに専門研修を実施します。
  • つり下げ遊具などを使用し、子どもの発達を促す遊び方を学ぶ実習形式の研修を実施します。
  • 研修の開催日程等は、次の研修一覧でご確認の上、お申し込みください。

 ★令和3年度研修一覧はこちら

2、子どもやご家族の子育てを支援します

発達障害総合支援センター

発達障害のある子どもとご家族の方からの相談(個別相談)

電話

048-601-5551
対象 埼玉県内にお住まいの発達障害のある18歳までの子どもとそのご家族、支援者の方
日程 毎週月曜日から金曜日(祝日、年末年始は除きます。)
受付時間 午前9時~12時、午後1時~4時
概要

相談は無料。通話料は自己負担。原則として継続相談不可。内容により、他の相談先をご案内する場合があります。

発達が気になる子どもの子育ての仕方を学ぶ講座など

(1)「ストレス解消!楽しい子育て応援講座」→ 令和2年度 終了

(2)「ペアレントメンター養成講座(公開講座)」→ 令和2年度 中止

(3)「親自身の心の悩み相談会」(予約制)(PDF:241KB) ←令和3年度 New

          発達障害やその特性のある18歳までの子供の保護者を対象に、月1回、公認心理師による個別相談を実施しています。

発達障害に関する支援を行っている機関(県からの委託)

(1)中核発達支援センターについて

(2)地域療育センターについて

(3)発達障害者就労支援センターについて

(4)発達障害者支援センター「まほろば」へのリンク

3.市町村や地域の支援機関を支援します

 市町村や児童発達支援センター等、地域で子どもや親への支援を実施している施設等の職員に対し、子どもや親向けの支援方法等についてケースカンファレンス等を通じて助言、支援します。  

問い合わせ先発達障害総合支援センター電話:048-601-5551

情報の提供をしています

1.世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間について

毎年4月2日は国連の定めた世界自閉症啓発デーです。

世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間 → こちら

2.発達障害に関する県内医療機関リスト

発達障害医療機関リスト

発達障害の診療が可能な県内の医療機関の一覧です。診療内容の詳細や手続きは医療機関により異なりますので、各医療機関に電話で問い合わせの上で受診ください。

3.障害児通所支援事業所における発達障害児へのサービス提供リスト

発達障害児へのサービス提供リスト

ご利用の皆様

発達障害のあるお子さんが障害児通所支援事業所を利用する際の参考にしていただくために、事業所連絡先、発達障害児支援に係る主な専門職の配置状況、療育内容、親への支援内容、発達障害児支援に関する設備の状況について記載しています(さいたま市を除く)。詳細は、各事業所へお問い合わせ下さい。

事業所の皆様

上記、障害児通所支援事業所における発達障害児に対するサービス提供リストは、原則毎月15日(※土日、祝日の場合は翌営業日)に更新します。新規掲載や掲載内容に変更がございましたら、以下の様式に記入し、更新月の前の月末までに当センターへファックスで御提出ください。

<新規掲載様式>

児童発達支援センター

新規掲載様式(エクセル:18KB)

記入例(エクセル:19KB)

児童発達支援事業所

新規掲載様式(エクセル:18KB)

記入例(エクセル:18KB)

放課後等デイサービス

新規掲載様式(エクセル:21KB)

記入例(エクセル:21KB)

<変更様式>

障害児通所支援事業所共通(ワード:34KB) 

4.資料室

各種啓発冊子、リーフレット、サポート手帳をダウンロードできます。

資料室入口

5.研修用ライブラリ(DVD、書籍)

県内の市町村、支援機関向けに発達障害関係の理解促進を図るための研修用教材として、発達障害関連のDVD、書籍を貸し出しています。

貸出期限:原則2週間

貸出件数:1機関1回につきDVD3点、書籍5冊まで

貸出方法・貸出作品についてはこちらを御覧ください。

発達障害総合支援センターへのアクセス

  

<来所に当たっての留意事項>

JRさいたま新都心駅、北与野駅から進んだ場合、小児医療センター入口(正面玄関)ではなく、奥(ブリランテ武蔵野側)にある南玄関を御利用ください。 

小児医療センター駐車場は利用できませんので公共交通機関を御利用ください。

 



お問い合わせ

福祉部 発達障害総合支援センター  

郵便番号330-0081 さいたま市中央区新都心1-2 小児医療センター南玄関3階

ファックス:048-601-5552

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?