トップページ > セミナー > 年度別セミナー情報 > 令和5年度 セミナー、講習会等のご案内 > 令和5年度商品企画デザイン塾フォローアップ事業

ページ番号:235465

掲載日:2023年6月22日

目的別ご案内

お客様の目的に応じた支援メニューをご案内します。

初めての方はこちらから

お問い合わせ

こんな課題がある、こんなことで困っている、などありませんか?

お問い合わせはこちらから

ここから本文です。

令和5年度商品企画デザイン塾フォローアップ事業

    「商品企画ができた」、「自社で作るモノが見えてきた」、など、な商品化を目指す企業等を対象に、デザイナーとのマッチングを行い
    企業の商品化を支援します。

 事業の概要

1.目的

   企業等が抱える商品企画を促進し、企業等の特性を活かした競争力のある独自の新商品開発を支援します。

2事業概要

    デザイン塾に参加し商品企画はできたが、デザイナーなどクリエイティブな職能を持つ人材が身近にいないためにその企画が前に
進まないことがあります。
    また、自社商品開発の企画はできたが、同様に前に進まないことがあります。
    本事業は、そのような企業とデザイナーとのマッチングを行うとともに、デザイナーとSAITECにより企業の技術、魅力、長所を
専門家の目から再評価し助言することで、新商品開発に向けた活動を支援します。(1企業当たりデザイナー2名を配置予定)

   なお、本事業では、商品開発を支援するデザイナーを「ワークショップアドバイザー」(以降、WSA)と称します。

3.対象企業

  • 平成29年度から令和4年度の商品企画デザイン塾(デザイン塾、特別セミナー)に参加した企業等または、商品企画を持ちその実現を
    目指す企業等で、自社の特性を活かした競争力のある独自の新商品開発に意欲をもっており、かつ、次の項目に該当する企業等を対象
    とします。

    (1)  商品企画はあるが開発の進め方が分からない企業等
    (2)  商品企画はあるがそこから先に進めない企業等
    (3)  現在持っている企画を、WSA の支援により取り組み、商品化をめざしたい企業等
    (4)  埼玉県内に本社または事業所がある中小企業(中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律第2条1項に規定する中小企業)

  • なお、本事業により商品開発を進めるにあたっては、次の事項を同意できることが条件となります。

    (1)  WSAによる貴社の(工場、設備等)見学を承諾できる。
    (2)  本事業の情報発信に協力できる。(成果品の紹介や支援事例紹介など)

 

  • 支援実施予定数

          2社

4.募集及び実施について

募集案内(PDF:1,135KB)(別ウィンドウで開きます)

4-1 募集日程

・募集開始:令和5年6月16 日(金曜日)
締    切   :令和5年7月18 日(火曜日)(必着)
   ※様式1を作成し、「8.書類提出先」にあるSAITEC事業化製品化支援担当に提出する。
・支援企業等発表:令和5年8月1日(火曜日)以降予定

4-2 事業実施期間
・令和5年8月上旬~令和6年3月15日まで

4-3 支援実施企業について
  支援実施企業等は、書面審査を行い選定します。必要に応じヒアリングを行います。
  応募については、募集案内をよくご覧の上、ご応募ください。

4-4 支援する企画数について
    企業等の応募申請書に複数の商品企画等の案件が書かれた場合は、そのうちの一つに対し、ブラッシュアップ及び商品化に関する
手順や思考等に関するアドバイスや軽微な試作等支援を行います。

5.参加費用

    採択された支援実施企業等においては、次の参加費用が必要となります。

        1企業    30,000円(税込み)

    ※支払方法は採択通知とともにお知らせします。

6.提出書類等

    次の書類を提出してください。
    (1)  応募申請書
          様式1 応募申請書(ワード:27KB)(別ウィンドウで開きます))を提出してください。
    (2)  応募企業等パンフレット
    (3)  企業等概要及び略歴((2)に含まれる場合は不要です)
      ※  提出いただいた書類は返却しません。

      ※  様式1の2ページ目「企画している商品等について」を除く提出書類については、参加WSAに事前に提供する場合がありますので、
           ご了承ください。

7.注意事項

    事業を進めるに当たり、以下の事項を遵守していただきます。
・ 原則として、全日程参加すること。
・ 商品化作業及び事務連絡の担当者を決めてください。
・ 毎回の報告書はWSAが作成し、最終の報告書は企業が作成すること。
・ 事業期間中は、企業とWSA間で金銭の授受は行わないこと。
・ 契約を結ぶ場合は、事業終了後に行うこと。
・ 事業期間中、WSAは時間(設定したスケジュール)外の支援は行えません。打合せ時間内にできるだけ効率良く作業するよう
    ご協力願います。
・ 本事業に参加する企業、WSAの持つ企画や知見を得ることになるため、本事業で得た情報について、秘密保持誓約書に署名
    していただきます。
・フォローアップ事業は、「埼玉県産業技術総合センターデザイン塾フォローアップ事業    実施要領」に基づき実施します。
 

8.書類提出先・お問合せ先

    書類の提出は、原則メールで(募集期間内必着)でお願いします。
    詳細・不明点についてはお問合せください。

         埼玉県産業技術総合センター  事業化製品化支援担当
             〒333-0844   埼玉県川口市上青木3-12-18
             電話:048-265-1420     ファックス:048-265-1334
             メール:h6513112◎pref.saitama.lg.jp    (◎を@に変えて、送信してください。)

            ※  メールの場合は、応募ファイルにパスワードを付けて送付してください。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?