教育委員会

ここから本文です。

ページ番号:26976

掲載日:2023年1月12日

中途退学防止に関すること

新着情報

「高校生活に関する相談会」を開催します。

進路、卒業に不安や悩みを抱える高校生と保護者、中退退学をした方を対象に「高校生活に関する相談会」を開催します。

1日時

令和4年12月18日(日曜日)

2相談時間(各時間帯先着10組まで)

     ⑴ 13時30分~14時30分

     ⑵ 14時30分~15時30分

     ⑶ 15時30分~16時30分

2会場

埼玉教育会館1階103、104会議室

3対象者

⑴高校生活に関する不安や悩み、中途退学を考えている高校生及びその保護者

⑵中途退学者

4内容

参加者の抱える問題に対して個別相談対応し、情報提供を行う。

5相談対応

⑴教育局

⑵高等学校(定時制高校・通信制高校)

 

※詳しくはこちらのPDFファイルをご覧ください。

令和4年度第2回高校生活に関する相談会チラシ(PDF:1,577KB)(別ウィンドウで開きます)

※申し込みは、以下のURLよりそれぞれお申込みください。

「高校生活に関する相談会時間帯(1)」申し込みフォーム(先着10組)(別ウィンドウで開きます)

「高校生活に関する相談会    時間帯(2)」申し込みフォーム(先着10組)(別ウィンドウで開きます)

「高校生活に関する相談会    時間帯(3)」申し込みフォーム(先着10組)(別ウィンドウで開きます)

 

「これからのことを考えるために」

もう一度勉強したい方や就職を希望している方に、新しい道を考えるきっかけとなる機関等を紹介します。
詳しくはこちらのPDFファイルを御覧ください。

  これからのことを考えるために(支援機関紹介QRコードパンフレット)(PDF:284KB)

自分発見!高校生感動体験プログラム事業(平成30年度まで)

自分自身が社会の一員としてかけがえのない存在であると自覚し、意義のある高校生活を送ることができるよう、人間関係づくりなどを目的とした体験活動を中心とする3つのプログラムを実施してきました。

平成30年度 エピソード集

平成30年度に、自分発見!高校生感動体験プログラム事業を実施した高校の生徒の感想、保護者や教員の声、御協力いただいた事業所の皆さまのご意見等をまとめました。

  平成30年度 「自分発見!高校生感動体験プログラム」事業 エピソード集(PDF:1,849KB)

地域の多様な人材との連携による高校生自立支援事業(令和3年度まで)

高校在学中から、自立に向けた社会的な居場所づくりを育み、生徒一人一人の適性に応じた社会的・職業的自立に必要な力を育成するため、地域若者サポートステーションと学校が連携し、個人指導面談や社会体験などの自立支援事業を実施しました。実施校は、全ての県立定時制高校(23校)と一部の全日制高校です。

中途退学防止の手引

平成20年4月に「中途退学防止マニュアル作成委員会」を設置し、中途退学の原因とその対策、学校での有効な取組事例等について検討しました。その成果として、平成20年12月に「生徒一人一人の自立を支援し卒業に導くために -埼玉県 中途退学防止の手引-」を発行しました。

高校中退者に関する調査

県では、高等学校の中途退学に関する今後の指導の在り方や施策展開の資料とするため、高校を中途退学した生徒の皆さんに対し、中途退学に至った理由やその後の状況等に関する調査を実施しました。(詳しくは下のリンクからご覧いただけます。)

高校生活に関する相談会(~中途退学を考える前に~)

この相談会は、高校を続けていくことに不安を感じている、進路の変更を考えている等、高校の中途退学に関わる問題を抱える方に対して、県教育局の職員、定時制・通信制高校の教職員、地域若者サポートステーションの担当者等が情報提供や援助を行っていくものです。

 

調査・統計に関すること

 

お問い合わせ

教育局 生徒指導課 総務・登校支援・中退防止担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎4階

ファックス:048-830-4952

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?