ページ番号:3697

掲載日:2021年9月9日

ここから本文です。

金属加工科(1年コース)

金属加工科

訓練内容

金属加工科は主に板厚0.8~9.0の板材(シートメタル)を加工し製品を製作します。製作に必要な図面の読み方、板金作業、溶接方法等の技術やCADの基礎技術を習得します。また、自動車板金塗装の基礎技術も習得します。資格取得を目標とし技能検定構造物鉄工職種にもチャレンジしています。

実習風景

板金作業

板金作業はハンマーやハサミを使う手板金作業からコンピューター制御によるCncタレットパンチプレス加工までの機械板金作業等幅広い訓練を実施しています。

溶接作業

溶接とは2つの金属を溶かして接合する作業です。材料の板厚や、材料の種類(鉄、ステンレス、アルミ)によって様々な溶接方法を選択しなければ良好な接合が出来ません。

鉄工作業

鉄工作業は図面を読みながら板厚6.0mm程度の材料を寸法どおりに切断、曲げ、穴あけ、組立、溶接の総合作業です。寸法精度は0.5mm以内を目標とし、技能検定にチャレンジしています。

自動車板金塗装作業

自動車板金塗装作業は実車のドアパネルを使い、凹んだカ所を補修し塗装で仕上げをします。

溶接競技会

溶接競技会とは県内の溶接関係企業従事者の技量向上及び振興のため実施されています。本校も技量向上を目標に大会に出場しています。

技能五輪

平成30年度技能五輪全国大会構造物鉄工職種出場選手

技能五輪全国大会とは青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会です。その目的は、次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、大会開催地域の若年者に優れた技能を身近にふれる機会を提供するなど、技能の重要性をアピールし、技能尊重気運の醸成を図ることです。

 

16年連続出場、技能五輪全国大会

平成30年10月沖縄県で開催された第56回技能五輪全国大会。

当校から埼玉県代表として16年連続出場しています。

入校してからわずか数か月間で多くの技術、技能を身につけ大会に挑みます。

技能五輪

結果は2人とも時間内に課題を完成させることができました。

シーサー

 

 

就職状況

  • 板金関連企業
  • 溶接関連企業
  • 鉄工・製缶関連企業
  • 自動車板金塗装業

【主な企業名】

  株式会社日立製作所、株式会社東芝電力システム社、JFE条鋼株式会社、株式会社加藤製作所、三笠産業株式会社、萬歳工業株式会社、福井工業株式会社、オリエンタル機鋼株式会社、株式会社ヰセキ関東、マル厨工業株式会社、株式会社リンカイ、株式会社南鉄工所、サンライズ工業株式会社、株式会社広岡鉄工、万善工機株式会社、BBKテクノロジーズ   など

平成29年度の就職率は100%です。

資格取得状況

  • ガス溶接技能講習修了証
  • 安全衛生特別教育修了証(アーク溶接等、自由研削砥石、溶接ロボット教示)
  • 溶接技能者評価試験(被覆アーク溶接、炭酸ガスアーク溶接、Tig溶接)
  • 技能検定2級実技免除(構造物鉄工職種)

金属加工科の生活

授業時間

授業は、平日の午前8時40分から午後4時20分までです。

土曜日、日曜日及び祝祭日は休みです。また、夏休み、冬休みがあります。

シラバス

金属加工科シラバス(PDF:344KB)

行事

ハイキング、施設見学

費用

授業料年額118,800円

その他約100,000円(教科書、製図用具、作業服、保護具など)

在校中技能検定等の各種資格試験申請料

施設見学の入場料

シラバス

金属加工科のシラバス(PDF:344KB)

お問い合わせ

産業労働部 春日部高等技術専門校  

郵便番号344-0036 埼玉県春日部市下大増新田61-1 管理棟1階

ファックス:048-737-3512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?