ページ番号:2983

掲載日:2020年2月26日

ここから本文です。

食肉検査

牛、馬、豚、めん羊、山羊の5種類の家畜は、食用に適しているか検査を受けなければなりません。

そこで、農場で大切に育てられた牛・豚などが肉として皆さんの食卓に上るまでには、私たちと畜検査員により食肉処理場(と畜場)で次のような検査が行われます。

搬入

家畜はトラックで、農場から食肉処理場まで運ばれます。

生体検査

牛の生体検査食肉処理場に運ばれた家畜は、検査員が外観を見たり触ったりして、行動に異常がないか、具合が悪くないか確認します。生体検査で、不合格となった家畜は、とさつ禁止になります。検査に合格した家畜のみと殺します。

解体前検査

解体する前に、検査員が外観や血液などの状態をもう一度チェックします。

解体前検査で不合格となった家畜は、解体禁止となります。検査に合格した家畜のみ解体後検査に進みます。

解体後検査

頭部、内臓、枝肉(身体にあたる部分)の3つについて、1頭ずつ詳しく調べます。

その結果、伝染病や病気が全身に及ぶ場合は、1頭すべてを廃棄します。

異常が一部分にすぎない場合は、その臓器や部位を廃棄します。

さらに、肉眼では判断できないものは、より詳しく検査をするために精密検査を行います。

牛の頭部検査 牛の内臓検査 牛の枝肉検査 豚の枝肉検査

├→不合格(一部または全部廃棄)

合格

検印

枝肉の検印

最後に合格した証として、検印が押されます。

検印は家畜の種類によって形が異なり、検査をした自治体の名前と、処理が行われた食肉処理場の番号が付いています。


検査に合格した食肉が市場に流通

と畜検査員

自治体の職員の中で、獣医師の資格を持つ人が任命されます。

お問い合わせ

保健医療部 食肉衛生検査センター  

郵便番号338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合五丁目18番24号

ファックス:048-853-7872

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?