Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年2月17日

中山道最大の宿『本庄宿』の再発見 vol.2

宝珠寺~傍示堂集落センター

江戸時代はこんな感じ

edo2


拡大図(JPG:2,653KB)


これが現在 

naka2 

拡大図(JPG:2,947KB) 

 

 

 

 

 

 

※この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。
(承認番号 平28情複 第1079号)
 

宝珠寺前から北西方向を望む 

enkei2 

牧西村 

旗本丸毛氏、奥津氏、横田氏、水野氏、山本氏、西宮氏の知行所。文政年間(1818年~1830年)の家数は130軒。
当村にはさしたる名物はなかったが、街道沿いの家数は50軒ほど、また、街道沿いには商売を営む家が14軒ほどあったらしい。
このうち、茶屋を営む店が5軒、小間物・荒物の店が3軒、うち1軒は酒屋と質屋を兼ねている。ほかに、刻みたばこ屋4軒、湯屋渡世と髪結が1軒である。
本庄宿の定助郷村である牧西村は、助郷の「用元」を勤め、助郷運営にはかなり大きな力を持っていたらしい。
寛政6年には、火災により村方のほとんどを焼失したとの記録が残っている。
牧西村には立場があった。立場とは、次の宿場までが遠い場合に、その途中に休憩施設として設けられたものである。
十返舎一九の「諸国道中金の草鞋」には「ほんぜうを打すぎて、もくさいといふたてば、きれいなるちゃやあり、したくするによし」とこの立場をほめている。


宝珠寺から少し進むと、藤田郵便局の向かいに立派な長屋門がある。小川家の長屋門だ。

 

小川家長屋門

ogawake 

資料には「小川家助郷用長屋門」と記されている。白壁が大分剥がれかかっているが、立派な長屋門である。
小川家は旗本山本氏の名主を勤め、同家は本庄宿助郷村の「用元」も世襲していた。
助郷とは、参勤交代などの時に、宿場の近くの諸村から馬と人足を出させる制度である。

ちょっと一息

columnigawa
 

 

 

街道を進むと田畑が広がる風景となる。

 

enkei2


すると右側(北側)に石仏らしきものが。
近づいてみると、賽神、子育て地蔵、庚申塔が畑の前の道路に並んでいる。


kosodatejizou


 

kosodatejizou2

 

しばらく行くと右側に長屋門が見えてきた。比較的新しい門だ。門の西隣には「内野歯科医院」の看板がある。これが内野家の長屋門だ。

内野家の長屋門

utinoke1 

utinoke2 

 

 

 

ちょっと一息 

columnutino
 

 

 

 

次回は、傍示堂から大正院までを辿ります。 

daisyouin

 

 

 

  

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター 本庄事務所 地域振興・産業労働担当

郵便番号367-0026 埼玉県本庄市朝日町一丁目4番6号 埼玉県本庄地方庁舎1階

ファックス:0495-22-6500

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?