• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

講座・イベント > 講座終了報告 > 令和4年度 > 第21回WithYouさいたまフェスティバル講演会「これからの男の子とおとなたちへ」

ここから本文です。

ページ番号:230929

掲載日:2023年3月20日

第21回With Youさいたまフェスティバル講演会 
「これからの男の子とおとなたちへ」

日時

場所

参加者

令和5年2月5日(日曜日)
14時から16時30分

With You さいたま
(埼玉県男女共同参画推進センター)

会場参加 89人

 講師:太田啓子さん

 講師:太田啓子さんフェスティバル講演会は、3年ぶりに対面形式で開催し、20代から80代までの多世代の皆さんにご参加いただきました。
太田さんは、性差別をなくすために、子ども時代からの教育が必要なことをご自身の子育てのエピソードも交えながら話されました。
 また、お仕事上の経験から、DV夫、モラハラ夫には、「支配したい」などの特徴があって、その根底には男女の経済的格差があること、固定化された性別のイメージの解消については、話題となった海外のコマーシャル動画、参考図書も紹介しながらお話いただきました。


【講師プロフィール】

2002年弁護士登録(神奈川県弁護士会 湘南合同法律事務所)。
日本弁護士連合会両性の平等に関する委員会委員、神奈川県男女共同参画審議会委員等経験。
一般民事事件、家事事件(離婚等)を多く扱う。
著書 「これからの男の子たちへ「男らしさ」から自由になるためのレッスン」(大月書店)
「憲法カフェへようこそ」(共著、かもがわ出版)、「これでわかった!超訳特定秘密保護法」(共著、岩波書店)。
二児の母。

参加者の声

  • 今後、生活していく上で、参考になることが多かった。次世代に暮らしやすい社会をつくる当事者として、ジェンダーを意識して行動したい。私は「男らしさ、男らしく」が大変息苦しく、子どもの頃から8割の友達が女性だった。今もそうである。(40代、男性)
  • 私も小学生の男の子を育てていますが、「男の子なんだから」という言葉を使ってしまい、「ハッ」とすることがあります。私のパートナーは、共働きということもあり、家事、育児ともに折半で受け持っています。まだ、そのような人は珍しいのでうらやましがられます。子どもが家庭を持った際には、同じような家庭を築いて欲しく、家事もやらせています。(40代。女性)
  • 男性であることや大人であることで、子どもたちにどのように接したらよいか、改めて振り返りたいと思いました。自分が満足している側、マジョリティ側であることに、どう気がつくことができるか、が大事だと思いました。(60代、男性)

チラシ

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター  

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3・4階

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?