トップページ > 文化・教育 > 文化 > 文化財 > 銃砲刀剣類の登録制度 > 銃砲刀剣類の輸出(海外に持ち出す)

ページ番号:217082

掲載日:2022年6月8日

ここから本文です。

銃砲刀剣類の輸出(海外に持ち出す)

登録された銃砲刀剣類を外国へ持ち出す場合、次のような手続が必要になります。

1.輸出監査証明の発行

事前に、文化庁から重要文化財に該当しないことを証明する「輸出監査証明」を発行してもらう必要があります(文化財保護法44条)。この手続については、文化庁の「文化財の海外流出を防ぐために ~古美術品輸出鑑査証明~」のページをご覧ください。お問合せの場合は、以下へご連絡ください。

【問合せ先】

文化庁文化財第一課輸出監査証明書担当

所在地:〒100-8959東京都千代田区霞が関3丁目2番2号

電話番号:03-5253-4111(代表)(審議会係:内線3156)

2.登録証の返納

登録証は、国外持ち出しをした時点で無効となりますので、登録元の都道府県に返納してください。

【埼玉県登録の場合】

返納理由、返納者の住所・氏名を明記の上、登録証を下記へ郵送または持参してください。

埼玉県教育局文化資源課銃砲刀剣類登録事務担当

所在地:〒330-9301埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号

電話:048-830-6986(直通)

お問い合わせ

教育局 文化資源課 文化財活用・博物館担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 職員会館5階

ファックス:048-830-4965

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?