Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月15日

すみつかれ

北埼玉の伝承料理 すみつかれ

3月の初午の日に、稲荷様に赤飯、きんぴらとともにお供えしてきた料理です。地域によって呼び名は変わり「そもつかれ」、「すみつかれ」とも言われています。

すみつかれの写真

材料

新巻ジャケの頭(または切り身)(1尾分 250グラム)/大根(1本(1.5キログラム))/にんじん(2本)/炒り大豆(1カップ)/油揚げ(2枚)/ちくわ(2本)/さつま揚げ(1枚)/酒かす(150グラム)/しょうゆ(大さじ1)

作り方

  1. シャケの頭を洗い、細かく骨ごと切ります。(焼いてから切ってもよい)
  2. 鬼おろしで大根、にんじんをおろします。
  3. 炒り大豆は皮をとります。
  4. 油揚げは油ぬきして細く切ります。ちくわは半月切り、さつま揚げは長さ2センチのうす切りにします。
  5. 鍋に材料を全部入れて、酒かすも加えて煮ます。
  6. 大豆が軟らかくなったら、しょうゆで味を調えてできあがりです。

お問い合わせ

農林部 加須農林振興センター  

郵便番号347-0054 埼玉県加須市不動岡564-1 加須農林振興センター 1階

ファックス:0480-62-1499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?