Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月15日

うどん

北埼玉の伝承料理 うどん

うどんの写真

加須では古くから米の裏作として小麦が栽培され、農家でうどんを手打ちにして食す習慣がありました。食文化として世に知られるようになったのは、江戸時代半ばのことです。利根川の渡船場や總願寺の門前に参拝客をもてなす店ができ、そこで手打ちのうどんを供したことがはじまりと言われています。

加須のうどんの特徴は、コシの強さと喉ごし。これは足踏みや寝かせなどの工程を、一般的な手打ちうどんの何倍も重ねることによって生まれます。

材料(5人分)

小麦粉500グラム/塩(小麦粉の4~6パーセント)/水(小麦粉の46パーセント前後)

作り方

  1. 小麦粉をボールに入れ、食塩水を加えていきます。初めは、粉をゆっくり持ち上げるようにして静かに粉と水を合わせます。(底の方から粉を持ち上げ、ゆっくりと落とす要領で続けます。耳たぶの硬さになったら、最後に体重を掛け、力を入れて生地を押し固めます。)
  2. 2時間程度ねかせます。
  3. 麺棒を使って3~4ミリの厚さに均等に延ばします。(このとき打ち粉を十分に使います。)
  4. 平らになった生地を「びょうぶだたみ」にし、包丁で3~4ミリくらいに切り、切った麺をほぐして打ち粉をよく払い落とします。
  5. 麺をほぐしながら沸騰した湯に入れ、8~12分くらいで麺が透き通ったらザルにあげ、水洗いしたらできあがりです。
    好みのつゆと薬味で召し上がれ。

お問い合わせ

農林部 加須農林振興センター  

郵便番号347-0054 埼玉県加須市不動岡564-1 加須農林振興センター 1階

ファックス:0480-62-1499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?