Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年11月14日

NORDICあさかによる「第4回ノルディックウォーク健康増進フェスタ」

ノルディックウォークの様子朝霞市で活動するNPO法人NORDICあさかが開催している

「第4回ノルディックウォーク健康増進フェスタ」の様子を、

南西部地域振興センター職員が取材してきました!

「第4回ノルディックウォーク健康増進フェスタ」レポート

「第4回ノルディックウォーク健康増進フェスタ」のようす

令和元年11月10日(日曜日)の9時から14時に、朝霞中央公園陸上競技場にて開催された「第4回ノルディックウォーク健康増進フェスタ」の様子をお伝えします。

当日は、暖かな日差しのなか、参加者約330名、スタッフ約70名、パフォーマー約70名の総勢470名が参加し、大勢の方で大変賑わいました。

ノルディックウォークのポールの写真

ノルディックウォーク初体験のセンター職員も、ポールを借りて、5キロコースに挑戦をしました。

コースは体験の2キロ、5キロ、7キロ、10キロのコースがあり、朝霞市内の名所を巡れるコースとなっています。

開会式の様子

開会式では、ポールを用いた準備体操や、ノルディックウォークの注意点の説明がありました。

峯流朝霞太鼓の演奏

開会式後は、太鼓(峯流朝霞太鼓)の音に鼓舞されながら、各コースごとに出発です。

ノルディックウォークの様子

5キロコースは、朝霞中央公園をスタートし、水久保公園広沢の池を巡るコースです。

東朝霞公民館を経由して、まずは水久保公園を目指します。

最初はぎこちなかったポールさばきも、あっという間に上手く使えるようになりました。

上り道もポールがあると軽やかに歩けて、とても驚きました。

水久保公園

スタートして約25分、チェックポイントの水久保公園に到着しました。

水久保公園は、住宅街に囲まれた中にある公園で、水の湧き出る緑豊かな園内は、遊歩道なども整備されています。

折り返して今度は越戸川沿いから、広沢の池へ向かいます。

広沢の池

水久保公園から約20分広沢の池に到着しました。

大地の崖下から湧き出す地下水がたまってできた池で、越戸川の水源となっています。池のほとりには、「広沢観音」が祀られています。

 

このあとは、ゴールの朝霞中央公園へ向かいます。

 

ゴールの様子

スタートして、約1時間弱で5キロを完歩しました。

ほかの参加者の方とも自然と会話が生まれ、また各所で見守ってくださる指導員の方に励まされながら、和気あいあいとした雰囲気の中楽しく歩くことができました

ベリーダンスの様子

太極拳の様子

ゴール後の時間帯には、こどもチアダンス(RDKチアダンスPinkDiamante)やベリーダンス(AiryStudio)、太極拳(NPO法人太極拳友好協会TFA)の披露も行われ、盛り上がりました。

実際にノルディックウォークを体験し、「ノルディックウォークは、上り坂も軽やかに歩けて、運動が苦手な人でもチャレンジしやすい。自然と他の参加者の方とも会話が生まれて楽しく歩けた。」と感じました。

主催者インタビュー

ノルディックウォークについて教えてください

2本のポールを持って歩く、すべての人々にとって健康のために有益な運動です。

  • 転倒防止
  • 足への負担軽減
  • 背筋が伸び、歩幅が広がる
  • 身体全体の90パーセントの筋肉を動かす
  • 有酸素能力、筋力、柔軟性の向上

などの効果があります。

NORDICあさかとしての活動のきっかけを教えてください

もともとは自分自身の健康づくりで、ノルディックウォークを始めたことがきっかけです。効果が出てきたこともあり、自らノルディックウォークを広めたいと思い、指導員の資格を取りました。ノルディックウォークを推進していた志木市で指導員として活動をしていましたが、朝霞市でノルディックウォークに興味を持った方々を紹介してもらい、朝霞市で活動を始めました。その後、会員数も70名あまりまで増えたため、安全性確保の観点からNPO法人格の取得の必要性を感じ、法人化しました。

今では会員数も170名となっており、朝霞市や社会福祉協議会、その他団体等地域と連携をしながら活動に取り組んでいます。

活動をするなかで課題に感じることはありますか

課題に感じているのは、金銭面NPO法人としての事務会員管理です。

例えば、金銭面では今回パフォーマンスを披露していただいた団体の方には、無償で御協力いただいていますが、本当は御礼をしたいところです。また、NPO法人としての事務作業は、会計書類等が複雑であったり、書類作成に不慣れであるため苦労しています。会員管理では、参加が途切れてしまっている会員の方への連絡や、役員の仕事の分担についてが課題です。

これらの課題解決のためにも、まずはしっかりとした組織を作り上げることが重要であると感じています。

今後の目標を教えてください

ノルディックをもっとメジャーにすることです。ポールを持って歩いている様子を見て、誰もが、「あの人はノルディックをしているんだ」と分かるようにしたいです。

そのためにも、志木市にある3つのノルディックサークルとの連携、南西部地域・埼玉県を超えた広域的な連携を進めていこうと考えています。

河内代表

河内代表

NPO法人「NORDICあさか」の紹介

NPO法人「NORDICあさか」ってどのような団体?

「第4回ノルディックウォーク健康増進フェスタ」を開催した「NORDICあさか」は、ノルディックウォークを通した健康づくりに関する活動をされている朝霞市のNPO法人です。

会員数は約170名です。

 NORDICあさかの定款に記載されている目的

この法人は、ノルディック・ウォーク等、運動を基軸に、会員の心身に渡る健康増進を寄与することを目的とする

NORDICあさかの主な活動内容

  • ノルディックウォーク教室の開催
  • ノルディックウォークのグループ指導の実施
  • ノルディックウォークのパーソナル指導の実施
  • ウォーキングイベントの開催
  • 健康増進に寄与する運動教室講習会等の開催
  • 健康増進関連用品等の販売

NORDICあさかの連絡先

NORDICあさか

NPO法人NORDICあさかの皆さんや参加者の皆さん、取材への御協力どうもありがとうございました。

今後ますます発展していきそうなNORDICあさかの活動、是非注目してみてくださいね!

お問い合わせ

企画財政部 南西部地域振興センター  

郵便番号351-0025 埼玉県朝霞市三原一丁目3番1号 埼玉県朝霞地方庁舎2階

ファックス:048-451-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?