トップページ > しごと・産業 > 農業 > 農地活用 > みどりの学校ファーム

ページ番号:16128

掲載日:2021年3月26日

ここから本文です。

みどりの学校ファーム

ページの終わりコバトン女子小学生校舎コバトン男子小学生

学校ファームとは

学校ファームは、学校単位に農園を設置し、心身共に発育段階にある児童・生徒が農業体験活動を通じて、生命や自然、環境や食物などに対する理解を深めるとともに、情操や生きる力を身につけることをねらいとした取組です。

推奨する学校ファームとは

学校ファームイメージ図

児童生徒が本来ある農業や自然の姿に触れられるよう次のとおりとしました。

  • 通学路沿いなど、学校近隣の農地を活用
  • 植え付けから収穫までの複数の生育過程を学ぶ
  • 広さは約10アール程度

県民のみなさまへ~学校ファームを応援してください!~

埼玉県は、学校ファームの取組を充実させるための支援を行っています。

学校ファームの取組は、地域のみなさまのご協力が不可欠です。取組に対する応援をお願いいたします!

応援コバトン

埼玉県みどりの学校ファーム推進方針

埼玉県みどりの学校ファーム推進マニュアル

学校ファームを進めていくためには、行政・教育・農業関係者、多くの県民の方の御理解と御支援が必要となります。このため、推進体制や教育活動への活かし方、学校ファームの運営方法等を記した「埼玉県みどりの学校ファーム推進マニュアル」を作成しました。

また、学校ファームの取組事例も掲載しております。

また、稲やじゃがいもなどの栽培方法について、「夢を育む学童農園 -学童農園の手引き-」についても掲載しました。

田植えコバトン

学校ファーム看板水まきコバトン

 

補助教材「夢をはぐくむ学校ファーム」

 みどりの学校ファームの運営にご尽力いただいている皆様が、子どもたちへ栽培指導をする際の補助教材として令和2年改訂版の「夢をはぐくむ学校ファーム」をJAグループさいたまと作成いたしました。

 更なるみどりの学校ファーム取組の充実を図るために御活用ください!

 ・補助教材「夢をはぐくむ学校ファーム」

  (JAグループさいたまの補助教材掲載ページへ移動します)

「埼玉県みどりの学校ファーム」栽培講習会 動画

令和3年1月に予定していた「埼玉県みどりの学校ファーム」関係者向けの栽培講習会(主催:JA埼玉県中央会、県農林部農業ビジネス支援課)が、緊急事態宣言に伴い中止となりました。

このため、講義内容・圃場での作業実習を令和3年1月29日に収録し、動画にして配信しています。

研修資料としてお使いください。

講師:飯野農園園主 飯野芳彦氏(川越市内の野菜専業農家7代目)

第1部【講義編】(約1時間)

テーマ「土づくりと野菜栽培のポイント」

●農業とは ●うまくいかなくて当たり前 ●記憶より記録 をキーワードに、失敗から学ぶ食農教育や栽培日誌の大切さ、花を緑肥としてち要する土づくりなど、学校教育の視点から農業体験の楽しさを提案します。

Q&Aでは事前にいただいた質問にお答えします。

00:18:15~ “うまくいかなくて当たり前”

野菜づくりはプロでも難しい! 虫食い、病気は当たり前のようにあり、スーパーで並んでいる野菜だけが正解ではありません。失敗から学ぶ食農教育をキャベツやキュウリ栽培を事例にとりあげて解説します。

00:36:35~ “記憶より記録”

プロは必ず励行している栽培日誌(記録ノート)。毎年、対象の児童・生徒が入れ代わる学校ファームこそ記録の積み重ねが大きな成果を生みます。また、栽培状況を正確に記録することは連作障害対策にも必須です!

00:44:20“花育のすすめ”

限られた広さの学校ファームでは連作障害は大きな課題。その解決策として、休耕と緑肥を兼ねて花の栽培(花育)を提案。地力の回復に効果的な花育のコツを解説します。花壇を利用した学校ファームでも効果あり!

00:57:50~ “Q&A”

Q1.学校が長期休暇になった場合「これだけはやっておく」ことは何ですか。

Q2.初めて学校ファームを担当しますが心がけておくことは何ですか。

Q3.病害虫に侵されない育て方を教えてください。

Q4.サツマイモ栽培のポイントを教えてください。

講義1

講義2

 

 

第2部【実技編】(約45分)

テーマ「手軽な畝づくりと種まきの方法」

単位面積当たりの肥料・堆肥の施し方、簡単な農具や板切れ・ピンなどの身近な資材を利用した畝づくりや種まきを解説します。

00:00:00 1㎡を基準に堆肥や肥料の分量・まき方・すき込み方を解説します。堆肥や肥料は分量を守ることが重要です!

00:16:40 畝幅60㎝×長さ2mの畝づくりを簡易な農具や板切れなど、身近にある資材を利用して手軽に行うポイントを御紹介します。

00:23:50 ジャガイモの種イモの切り方と空き瓶を利用した野菜種のまき方を御紹介します。

実技2

実技1

 

 

お問い合わせ

農林部 農業ビジネス支援課 農地活用担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4830

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?