Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > > 食の安全 > 食品のテイクアウトやデリバリーサービスを提供する営業者のかたへ

ここから本文です。

 

掲載日:2020年5月14日

食品のテイクアウトやデリバリーサービスを提供する営業者のかたへ

食品のテイクアウトやデリバリーサービスを提供する営業者のかたへ

新型コロナウイルス感染症による外出自粛が要請される中、飲食店が新たに弁当類のテイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(宅配)等のサービスを開始する事例が増加しています。

店内で提供する食品と比べて、調理してからお客様が召し上がるまでの時間が長くなり、食中毒のリスクが高まります。

食中毒予防の3原則に加え、以下の点に注意しましょう。

「早めにお召し上がりください」の一言を

お客様の中には食事を持ち帰った後、常温で保管したり、次の日に食べたりする方がいらっしゃいます。

食事をおいしく安全に召し上がっていただくために、お渡しする際は「涼しい所に保管して、すぐにお召し上がりください」の一言をお願いいたします。

テイクアウトやデリバリーに適したメニューの提供

鮮魚介類や生ものなどは、加熱工程がないため細菌が増えやすく、十分な管理がされていない場合、食中毒を起こしやすくなります。

ふだん提供しているメニューの中から、テイクアウトやデリバリーに適したメニューを選定しましょう。

加熱が必要な食品も、中心部まで十分に加熱するよう注意してください。

適切な温度管理

食中毒菌の多くは、約20℃~50℃が発育に適した温度とされています。

この温度帯に置かれる時間が極力短くなるよう、保管や提供の際には、適切な温度管理をお願いします。

例)小分けによる速やかな放冷、持ち帰り用の保冷剤の使用、保冷・保温ボックスによる配達等

お店の規模に応じた受注数

お客様からの注文は、お店の設備や調理する人数で十分に対応できる量までとしましょう。

食品は注文を受けてから作り、作り置きはしないでください。 

 

埼玉県では食の安全に関するパンフレットや食中毒に関する情報を提供していますので是非ご覧ください。

食の安全・安心に関するパンフレット等

食中毒に関する情報

 

お問い合わせ

保健医療部 食品安全課 食品保健・監視担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4807

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?