ページ番号:247316

掲載日:2024年6月10日

ここから本文です。

【窓口払い】介護支援専門員証交付申請【再研修】(9号)

この申請は以下の方が対象となります。

  • 交付手数料を、埼玉県庁高齢者福祉課の窓口で、キャッシュレス決済の方法で納付する方の申請となります。
  • 介護支援専門員再研修修了後に介護支援専門員証の交付を申請する方
  • 介護支援専門員の業務(居宅介護支援事業所の管理者のみの業務を行う場合など、介護支援専門員であることが前提となる業務を含む)に就くためには、有効な期間の介護支援専門員証の交付を受けている必要があります。
  • 実務研修修了後に登録のみを行い、介護支援専門員証の交付を受けないまま5年を経過した方や、過去に介護支援専門員証の交付を受けて、更新をしないまま有効期間を経過した方は、再研修を修了した上で、この申請手続きを行うことにより介護支援専門員証の交付を受けることができます。
  • 申請は、以下の1から6の必要書類を、埼玉県庁の高齢者福祉課までご持参ください。 手数料はその際に納付していただきます。
  • 再研修修了日から3カ月以内に申請が必要です。

窓口払いについて

窓口払いは、県庁高齢者福祉課にお越しいただき、窓口でのキャッシュレス端末による支払手続となります

窓口での支払の際、紙で作成した申請書と添付書類を提出してください。

埼玉県庁へのアクセスは、次のサイトを参照してください。

県庁へのアクセス

高齢者福祉課は、本庁舎1階の北西の角になります。

窓口払いで使える支払方法

窓口払いは、窓口でのキャッシュレス端末による支払手続となります。利用可能な支払方法及び決済ブランドは下記のとおりです。

  • クレジットカード(Visa、Mastercard)※JCBはご利用いただけません。
  • 電子マネー(nanaco、WAON、楽天Edy、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)※PiTaPaはご利用いただけません。
  • コード決済(PayPay、au PAY、楽天ペイ、d払い)
  • デビットカード(Visa、Mastercard)※カードでの支払と同時に銀行口座から引き落とされるカード

必要書類

1.介護支援専門員証更新交付申請書(様式第9号)

<様式第9号  記入例>(PDF:264KB)

「誓約」欄は、関係法令を確認の上、必ずチェック(誓約)してください。関係法令については申請書の別紙として併せてダウンロードできます。

2.再研修修了証明書の写し

3.住民票

  • 個人番号(マイナンバー)・住民票コードの記載されていないもの
  • 申請日から3か月以内に発行されたもの
  • コピー不可
  • 本人情報のみで、本籍・続柄を省略したもので構いません。

4.写真(3cm×2.4cm)2枚

同じ写真を2枚送付してください。1枚を申請書の写真欄に貼付してください。もう1枚はお送りする新しい介護支援専門員証に貼付します。

  • カラー・白黒いずれも可
  • スナップ写真は不可
  • 写真の裏面に、介護支援専門員番号・氏名を記入
  • 交付申請前6か月以内に撮影したもの
  • 無帽、無背景で正面、上三分身のもの

5.戸籍抄本

登録されている氏名を変更された方のみ必要です。(過去3か月以内に交付されたもの)※コピー不可

6.介護支援専門員証の原本(写真付きのもの)又は介護支援専門員登録証明書(A4版と携帯用)

以前に介護支援専門員証(写真付きのもの)又は介護支援専門員登録証明書(A4版と携帯用)の交付を受けた方は必要です。現在お持ちの介護支援専門員証は返納いただき、有効期限を更新した介護支援専門員証を送付します。

提出先窓口

埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1
埼玉県福祉部高齢者福祉課

埼玉県庁へのアクセスは、次のサイトを参照してください。

県庁へのアクセス

高齢者福祉課は、本庁舎1階の北西の角になります。

お問合せについて

介護支援専門員のお問合せの多くは個別性が高く、詳細を伺いながらお答えをする必要があります。
お手数でも土日祝日を除いた8時30分から17時15分までにお電話でお問合せくださるようお願いいたします。 

お問い合わせ

福祉部 高齢者福祉課 介護人材担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?