ページ番号:25393

掲載日:2022年1月13日

ここから本文です。

地盤沈下について

地下水を過剰に汲み上げると、地盤沈下が起こります。しかも、一旦沈下した地盤は、再び元には戻りません。

私たちの大切な郷土を地盤沈下から守るため、法律及び条例により地下水の採取を規制しています。

イメージ図(JPG:973KB)

地盤沈下による被害

直接的被害

不等沈下による建物の傾斜、ひび割れ、道路の凹凸や橋げたとの段差の発生、ガス、上下水道等の地下配管の破損、井戸の抜け上がり、治水施設やかんがい排水施設の破損などが起こります。

間接的被害

地表面と河川や排水路の水面との高低差がなくなると、排水が著しく悪化し、集中豪雨などではもちろんのこと、少しの雨ですぐに浸水被害が発生するなどして、日常生活や農業生産に支障をきたすことがあります。

地盤沈下による被害の写真

県内で過去に生じた被害の状況を撮影したものです。

橋げたがはずれ、通行不能になった橋 傾いた橋げた
抜け上がったポンプ ポンプの抜け上がり ポンプの抜け上がり
段差が生じた歩道 歩道にできた段差
道路と建築物に生じた段差 道路との段差
抜け上がった建物の基礎 建物の基礎の抜け上がり /images/25393/116.jpg

国の機関のリンク

お問い合わせ

環境部 水環境課 土壌・地盤環境担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎1階

ファックス:048-830-4773

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?