ページ番号:5055

掲載日:2020年6月26日

ここから本文です。

フロン排出抑制法について

フロン類回収に係る規制が強化されました

業務用冷凍空調機器を廃棄する際のフロン類回収を強化するため、フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)が改正され、令和2年4月から施行されました。

改正により、主に以下の規定が新たに追加されました。

  • 機器の管理者がフロン類の回収を行わない違反に対する直接罰の導入
  • 建物を解体する際、建物に機器が残置されているかの事前確認書の保存義務(発注者、受注者双方)
  • 廃棄物・リサイクル業者に機器を引き渡す際、フロン類が回収済であることの証明が確認できない場合の引渡し・引取りの禁止

詳細は、環境省ホームページをご確認ください。

フロン排出抑制法(環境省ホームページ)

フロン排出抑制法ポータルサイト(環境省ホームページ)

フロン排出抑制法の概要

オゾン層破壊及び地球温暖化の原因となるフロン類の排出を抑制するため、平成27年4月からフロン排出抑制法が施行されています。

法律の対象となる機器は、フロン類を使用した業務用の冷凍空調機器(オフィスのエアコン、スーパーの冷蔵ショーケース、冷凍冷蔵庫)です。

機器の管理者は、機器の使用時にフロン類の漏えいを防止するために、機器の点検等が義務付けられています。また、機器を廃棄する際は、フロン類を確実に回収することが義務付けられています。

機器にフロン類を充填・回収する場合は、第一種フロン類充填回収業者の登録が必要になります。

業務用冷凍空調機器をお使いの皆さまへ

業務用冷凍空調の管理者(使用者、所有者等)は、フロン排出抑制法に基づき、機器を適正に管理し、フロン類を漏えいさせないようにする義務があります。埼玉県では、機器の管理者への指導や、県政出前講座によりフロン排出抑制法の周知を行っています。

業務用冷凍空調機器をお使いの皆さまに関する義務について

フロン排出抑制法の説明に伺います(県政出前講座)

業務用冷凍空調機器にフロン類を充填・回収するには(第一種フロン類充填回収業者の登録について)

業務用冷凍空調機器の使用時や廃棄時に、フロン類を充填・回収する作業は、第一種フロン類充填回収業者の登録が必要になります。所有する機器のフロン類を自ら充填、回収する作業も、第一種フロン類充填回収業者の登録が必要です。

第一種フロン類充填回収業者の登録について

第一種フロン類引取等業者の認定

埼玉県では、フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律施行細則で、施行規則第49条第1号の規定による知事が認める者として、「第一種フロン類引取等業者」を認定しています。

この業者は、第一種フロン類充填回収業者からフロン類を引き取り、フロン類破壊業者または第一種フロン類再生業者に引き渡すことができます。

第一種フロン類引取等業者の認定について

 

 

お問い合わせ

環境部 大気環境課 規制担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4772

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?