Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 防犯・交通安全 > 犯罪被害者支援 > あなたにできること・考えて欲しいこと

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月16日

あなたにできること・考えて欲しいこと

 被害の一日も早い回復のためには、周囲からのサポートが何よりも大切です。そのような中で、犯罪被害者等を支え、傷つけないためにはどのようなことが大切なのでしょうか?

二次被害に気づくこと(傷つける言葉や態度)

 犯罪被害者等は、不安や恐怖を感じていたり、犯罪の被害に遭ったことを恥じたり、自分を責めたりします。そうしたとき、時に大切な人を気遣うつもりの一言が、逆に相手を傷つけてしまうこともあります。

 被害者の原因を被害者に向ける言葉や、強くなることを勧めること、被害を忘れることを勧めることなどは、たとえ励ますつもりであっても、相手を苦しめることになります。

 これは単に言葉の問題というわけではありません。同情的な態度や、哀れむ態度は犯罪被害者等の自尊心を傷つけます。

 犯罪被害者等の自尊感情を尊重し、寄り添い、支えることが回復の第一歩につながります。

被害者が傷ついた言葉の例

「なぜ、一人であんな所にいったの?」「あの時、○○していればよかったのに」

被害にあったのは被害者のせいではありません。

「がんばって」「しっかりして」

被害者は様々な困難な状況の中で、十分に頑張っています。

「早く忘れたほうがいいよ」

大事な家族を亡くしたのに、忘れるなんてできません。また、被害のショックは非常に大きく忘れたくても忘れることはできません。

あなたにできること

こんな言葉や支援が嬉しかったという声

話を聞いて「大変でしたね」とねぎらってくれた

「頑張りすぎないで、身体を大切にしてくださいね。」と体調を気遣ってくれた

自分の考えを受け入れ、尊重してくれた

何を語るでもなく、さりげなく一緒に過ごしてくれた

自分の思いを押し付けず、私たちの思いや話を否定せずに繰り返し聞いてくれた

買い物を申し出てくれたり、おかずを届けてくれたりした

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課 犯罪被害者支援担当

郵便番号336-0027 埼玉県さいたま市南区沼影一丁目10番1号 ラムザタワー3階(武蔵浦和合同庁舎)

ファックス:048-710-5036

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?