ページ番号:116676

掲載日:2020年11月27日

ここから本文です。

3関連施策推進の視点(3)既存施設の徹底活用

資源開発施設や水道用水、工業用水、農業用水の供給施設については「建設」から「更新」の時代に移行しています。

存施設の老朽化が進むなか、大規模災害などの危機時も含めて水の安定供給を確保していくためには、既存施設の機能低下や事故発生を防止し、既存施設を徹底活用していかなければなりません。

のため、ストックマネジメントに基づくメンテナンスサイクルを構築し、そのサイクルを繰り返しながら既存施設の長寿命化対策を進めていくことが必要です。

お、長寿命化対策の推進に当たっては、施設の重要性や経済効率性等の地域の実情を踏まえ計画的に推進し、危機時においても最低限必要な水を確保するよう努める必要があります。
 

 

 

 

お問い合わせ

企画財政部 土地水政策課 水計画調整・水源地域対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-830-4725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?